カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 食べ物・飲み物 >
  5. 食事に注意を!熱帯夜にも負けない快眠方法はこれだ!

不眠・睡眠障害

食事に注意を!熱帯夜にも負けない快眠方法はこれだ!

冷夏と予想されていた今年の夏も気象庁の最近の予報では平年並みの気温になるとのことで、今年も暑い夏がやってきそうです。そんな暑い夜になかなかぐっすり眠ることができないという人も多いのではないでしょうか。

では、熱帯夜でも快眠を確保する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

1 食生活が快眠に与える影響

夏は夏バテのためもあって、冷たいものや水分を取りすぎてしまいがちです。そのため胃腸の調子がくるってしまって、これが快眠を妨げる原因となっているのです。では、具体的にどのような点に注意して食生活を送れば良いでしょうか。

 

腹八分目の重要性

お腹一杯食べる食欲があるのはとてもいいことですが、だからといってお腹一杯食べてしまうと、胃腸に負担がかかってしまい内臓を疲れさせることにつながります。夜寝るときにはしっかりと消化がなされた状態にしておかなければいけません。そのためにも腹八分目にすることが重要です。また寝る3時間前までにはご飯は済ましておくと良いでしょう。

 

食事はできるだけ規則正しく

規則正しく食事を取ることは快眠にとっても大変重要です。なぜなら食事を通じてからだのリズムがとりやすくなり、また、食事と食事の間を空けすぎないことで胃への負担も軽減できるのです。

 

消化に良い献立を考えよう

消化に良い食べ物は胃腸にも優しく、快眠を助けます。特に、白身魚・卵・豆腐・鶏肉をメインの食材としたおかずが良いでしょう。これらは高たんぱく質の食材で、たんぱく質が消化酵素や胃腸の細胞組織の元になるのです。そして、これらの食材をつかって料理をする際にはできるだけ油の少ない調理法を採用しましょう。

 

夏の快眠を食生活の改善からはじめてみてはいかがでしょうか。

(Photo by:足成)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食べ物・飲み物に関する記事

胃腸も休める睡眠をとりたい!寝る前には胃腸に食べ物を入れないで

 寝付きをよくするポイントとして意外と忘れられがちなのが寝る前の食事です。 寝...

冬の眠りを悪くするメラトニンの分泌不足を解消しよう!照明や食事から工夫できる2つの眠り対策

メラトニンはホルモンの一種で、その働きは主に眠りを誘うことにあります。 夜にな...


知っておくべき、快眠に効果的な食材!乳製品・バナナ・赤身魚・お肉…●●を含む食材が効く!

『乳製品・バナナ・赤身魚・お肉』はこんな人に是非食べてもらいたい食 材です。  ...

梅雨・夏…どうして寝苦しい?その秘密は湿度にあった!寝返りも寝苦しさの原因!?

これから梅雨・夏の季節に向けて、なかなか寝苦しい夜になることを心配している人も...

カラダノートひろば

食べ物・飲み物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る