カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 夏の夜 >
  5. 暑い夏はエアコンを上手に使おう!寝苦しい夜のエアコンの使い方・電気代の節約のポイント

不眠・睡眠障害

暑い夏はエアコンを上手に使おう!寝苦しい夜のエアコンの使い方・電気代の節約のポイント

梅雨が明けるともう夏がすぐそこに。そして、夏はエアコンがかかせなくなりますが、快眠を得るためにエアコンを上手く使うことが重要です。

 

寝苦しい夜のエアコンの使い方

寝苦しい夜はエアコンを使いたいところですが、具体的に何度ぐらいになるように温度設定をすれば良いのでしょうか。一般的には夏の室温は25-26度が最も眠りにつきやすく、快眠を得られる温度とされています。

 

壁も冷やそう!

夏の快眠を得るために温度を設定するだけでは不十分です。もう一つ重要なポイントは「壁を冷やす」ことです。どうして壁を冷やさなければならないかというと、夏は昼間の間建物全体が日光を浴びて、建物全体がたくさんの熱を吸収しています。

この熱が夜に壁から放出され続けるのです。そのため、寝る前に快適な室温にしたつもりでも、タイマー設定をしていてタイマーが切れると、壁からの放出熱によって室温が上がり、寝苦しくなるということがあるのです。

 

そのため、対策としては寝る2時間前になったら25度の設定で風量を強にして、部屋の壁まで冷やしておきましょう。

そして就寝前に3時間程度のタイマー設定をしておけば朝まで快適な室温を保つことができるでしょう。

 

電気代の節約にも

この方法だと毎回暑くて起きるたびにエアコンをつける必要もなく、夜中眠い中起きてしまってエアコンをつける場合は短時間で寝たいため設定温度をより低めにしがちです。

これを何度も繰り返していると電気代も余分にかかることになりますが、上記の方法だとこのような心配もなく電気代の節約にもつながるのです。

 

暑い夏はエアコンなしにはなかなか快眠を得ることはできませんが、エアコンを使う場合は賢く使って電気代を節約しつつ、快眠を得られるようにしましょう。

(Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏の夜に関する記事

夏の熱帯夜に負けない快眠術!快眠のために用意しておきたいもの

暑い熱帯夜のお伴といえばエアコン、扇風機などがありますが、そのほかにも熱帯夜の...

知っておくべき!夏の快眠のために効果的なエアコンの使い方・使うときの注意点

夏は寝苦しい夜が続きますが、エアコンを上手く利用することで快適な睡眠を得るこ...


エアコンがなくても夏の快眠を実現しよう!エアコン以外で涼しくなれる方法

夏はエアコン無しには絶対に寝られないという人も多いかもしれません。 しかし...

暑い夏だから寝ているときもクーラーを…これって大丈夫?就寝中のクーラーの悪影響

暑い夏は寝るのも一苦労。ついつい、クーラーをつけて部屋を快適にして寝てしまい...

カラダノートひろば

夏の夜の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る