カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 夏の夜 >
  5. 知っておくべき!夏の快眠のために効果的なエアコンの使い方・使うときの注意点

不眠・睡眠障害

知っておくべき!夏の快眠のために効果的なエアコンの使い方・使うときの注意点

夏は寝苦しい夜が続きますが、エアコンを上手く利用することで快適な睡眠を得ることが可能です。では、どのようにエアコンを使えば良いのでしょうか。

 

快適な睡眠を得るための室内環境とは

そもそも夏場に快適な睡眠を得るための室内環境についてしっかりと理解しましょう。まず室温ですが、26度ぐらいが快眠を得るためにベストな温度とされています。この温度は日中のエアコンよりもやや低めである点がポイントです。

また、湿度ですが、湿度は50-60%が快眠には最適とされています。夏の湿度はだいたい70%以上になります。

 

快適な室内環境を作るためのエアコンの使いかたとは

エアコンで室温を下げると湿度もあわせて低下しますが、できれば湿度計を用いて室内の湿度を把握しておいたほうが良いでしょう。

温度が数度高いぐらいであれば、エアコンの除湿モードを使えば、冷房を使うよりも電気代を節約できますし、湿度もあわせて下げられるので一石二鳥です。

 

エアコンを使うときの注意点

エアコンを使うときに気をつけなければならないのは、直接エアコンからの風が当たらないようにすることです。風が直接当たってしまうと体の一部が冷えすぎてしまい、血行不良の原因になります。

 

夜の眠気のメカニズム

では、どうして日中よりも温度を低くした方が良いのかというと、体温が低下することで眠気を強くさせることができるからなのです。

寝る2時間前にお風呂に入って体の芯から温めるのが良いとされていますが、それはどうしてかというと、その後の体温低下をよりしっかりと実現できるからなのです。

入浴などで上昇した体温が26度の寝室で冷やされていく中で快適な睡眠へと誘ってくれるのです。

 

以上のように、体温が低下する中で眠気を強めていくというからだのメカニズムがあるので、エアコンをうまく使って体温を低下させ快適な睡眠を実現しましょう。

(Photo by:足成 )

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏の夜に関する記事

暑い夏はエアコンを上手に使おう!寝苦しい夜のエアコンの使い方・電気代の節約のポイント

梅雨が明けるともう夏がすぐそこに。そして、夏はエアコンがかかせなくなりますが、快...

朝から準備!夏の夜の快眠法「カーテン・換気・湿らせたシーツ」が鍵!

  夏の夜の寝苦しさは次の日のパフォーマンスにも影響します。朝からなんとなくだる...


何もなくても出来る!寝つけない夏の夜に試したい快眠術「寝息」と「笑い」

眠れないときの人の脳というのは、活発になってしまっています。特に夏の夜は暑さに...

夏の熱帯夜に負けない快眠術!快眠のために用意しておきたいもの

暑い熱帯夜のお伴といえばエアコン、扇風機などがありますが、そのほかにも熱帯夜の...

カラダノートひろば

夏の夜の関連カテゴリ

夏の夜の記事ランキング

人気体験談ランキング

不眠・睡眠障害のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る