カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 悪い汗は熱中症の原因にもなる?!良い汗と悪い汗の見分け方

気になる病気・症状

悪い汗は熱中症の原因にもなる?!良い汗と悪い汗の見分け方

梅雨から夏にかけては高温多湿のため汗をたくさんかく季節です。汗をかくこと自体は一般的には良いことですが、汗にも良い汗と悪い汗があることをご存知でしょうか。特に悪い汗は何らかの病気のサインといわれています。

ここでは良い汗と悪い汗の見分け方をしっかりと勉強しましょう。

 

良い汗の特徴とは

良い汗は以下の特徴があるとされています。

・水のようにサラサラしている

・蒸発しやすい

・汗の粒が大きくない

・汗を舐めても味がしない

・汗から雑菌が繁殖しにくく、においがない


悪い汗の特徴とは

・逆に悪い汗の特徴は以下の通りとなります。

・汗がベトベト・ネバネバしている

・汗が蒸発しにくい

・汗の粒が大きい

・汗を舐めると塩からい味がする

・汗から雑菌が繁殖しやすく、においがする



良い汗と悪い汗の違いとは

以上のことからわかることは、汗にどれだけ塩分やミネラルが含まれているかということです。良い汗の場合は、汗を出す汗腺が血管から塩分やミネラルを含んだ水分を元に汗を作りますが、その際に体に必要な塩分・ミネラルを体内に戻してくれます。

そして、水分だけが汗腺を通って汗となり、体外に排出されます。

しかし、悪い汗の場合、塩分・ミネラルが水分と一緒に汗の中に含まれて体外に出てしまうのです。

 

悪い汗は熱中症の原因にも

悪い汗は熱中症の原因にもなります。悪い汗には塩分・ミネラルが含まれているため、これらが含まれていない良い汗よりも蒸発しにくいためです。

汗は蒸発することではじめて体から熱を奪い、体温を下げる役割を果たしますので、蒸発しなければ体温調節には役割を果たさないのです。

 

以上のように、良い汗と悪い汗のポイントは、塩分・ミネラルが含まれるかにあります。自分の汗がどちらか一度確認してみてはいかがでしょうか。

(Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

皮膚に関する記事

病気かもしれない?!良い汗・悪い汗の見分け方とは?

人間がかく汗というものは、様々な成分が含まれており、その成分は日常の生活や食事...

日常にも潜む危険性!化学熱傷のコワさを知っていますか?

  火傷、というと一般的には火が原因で起きるものを思い浮かべる方がほとんどだと思...


アロエやジャガイモなど「やけどの民間療法」って効果はあるの?

やけどはとても身近な外傷。 そのため、昔からさまざまな民間療法がいわれています...

聞きなじみのない“皮膚粗しょう症”!一体どんな症状なの?!

近年テレビなどでも取り上げられるようになった“皮膚粗しょう症”という症状をご存...

カラダノートひろば

皮膚の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る