カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. クリプトコッカス症 >
  5. 感染を防ぐ!播種性クリプトコッカス症の予防方法…ハトには近寄らないで!?

気になる病気・症状

感染を防ぐ!播種性クリプトコッカス症の予防方法…ハトには近寄らないで!?

 

致死率12%、髄膜炎や脳炎での後遺症も考えられる感染症が、播種性クリプトコッカス症という病気です。

この播種性クリプトコッカス症をどのように予防したらよいのかを、チェックしてみます。

 

●基本的には感染予防の必要はなし!

播種性クリプトコッカス症の予防についてですが、基本的にはほとんどの人が感染予防の必要がありません。

というのも、播種性クリプトコッカス症は、免疫力が正常であれば菌に触れたとしても症状が出ることはありません。

ただ、健常人なら絶対にかからないわけではないので、注意したい・予防したい場合は、ハトへの注意などを行うのはもちろんかまいません。

 

感染予防の必要があるのは以下の人です。

・白血病、ガンなどの治療中で免疫力が弱っている

・HIV発症者

 

●ハトには近寄らない

感染予防の必要がある人、もしくはご家族などに感染予防の必要がある人がいる場合は、ハトに近寄らないようにしてください。

ハトのフンには、播種性クリプトコッカス症の原因菌が含まれ、2年間も感染性を持つことがわかっているのです。

公園などでハトの集まりやすい場所は、なるべく避けながら生活するようにしましょう。

車にフンがついたときなどは、感染予防の必要がない人が処理するか、ビニール手袋などをしたうえで消毒することが重要です。

 

●予防薬の利用

播種性クリプトコッカス症の原因菌に対する予防として、抗菌薬を使うこともあります。

使われるのはフルコナゾールという、カンジダなどの治療にも使われる薬で、予防薬はHIV患者に対して使用されることがほとんどです。

 

播種性クリプトコッカス症の予防が必要な人は免疫力が弱いので、そのほかの感染症にも注意が必要とされています。

ガンや白血病、HIVなどの治療中に感染を防ぐために、無菌室から出られない期間も存在するかもしれません。

ガンや白血病では、治療が無事に終了すれば免疫力も少しずつ戻っていきます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

クリプトコッカス症に関する記事

鳩の糞から感染する!?クリプトコックス症が引き起こす、典型症状3つ

  犬や猫でも引っ掻かれたり、噛まれたりすることで感染症にかかることがあります。...

致死率はなんと12%!播種性クリプトコッカス症でみられる症状を知ろう!全身への症状、脳に影響も…?

  通常の免疫能力ではかからない菌に感染することを日和見感染と呼び、播種性クリ...


日和見感染でも、健康な人がかかることがあるクリプトコックス症…病原菌の特徴とは?

  免疫力が低下しているときというのは、細菌感染などに弱くなります。風邪なども免...

免疫機能が低下しているとかかりやすい!播種性クリプトコッカス症はどんな症状を示す病気?

   播種性クリプトコッカス症といわれても、ピンと来ない方もいらっしゃると思い...

カラダノートひろば

クリプトコッカス症の関連カテゴリ

クリプトコッカス症の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る