カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 基礎知識 >
  5. 欧米を中心に術後の『免疫増強経腸栄養剤』で、術後感染症が低下する?!溶連菌感染症の簡易診断基準『センタースコア』とは?腸管出血性大腸菌の治療法は?成人T細胞白血病 リスクを知って

気になる病気・症状

欧米を中心に術後の『免疫増強経腸栄養剤』で、術後感染症が低下する?!溶連菌感染症の簡易診断基準『センタースコア』とは?腸管出血性大腸菌の治療法は?成人T細胞白血病 リスクを知って

従来、日本の治療方針の基本として、薬物治療が中心であり、栄養摂取は特殊な作用を持たない栄養素を補うためのものという位置づけでしたが、現在では欧米を中心に『免疫栄養法』という術前・術後の栄養剤の摂取で、感染症などの合併症罹患率が有意に低下すると報告されています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

免疫増強栄養剤による『免疫栄養法』とは 

欧米では、免疫栄養法は、『イムノ・ニュートリション』呼ばれており、外科手術前後に体力・免疫力が落ちて、細菌やウイルスに対する生体防御機能が弱くなることで、感染症が起きやすくなることに対し、特殊な栄養摂取法によって、これらを未然に防ごうとする療法のことを言います。

 

使用される『免疫増強栄養剤』には、主に【オメガ3系多価不飽和脂肪酸、アルギニン、グルタミン、核酸】などを配合した経腸栄養剤が中心で、市販のものとしては米国製の『IMPACT(無味)』や日本製の『インパクト(ヨーグルト味)』(味の素ファルマ)などが発売されています。これらは日本では医薬品ではなく食品の扱いとなっているため、一般の方でも購入することが可能です。

 

なぜ『免疫栄養法』が重要視されるか? 

近年、抗生剤を投与しても防げない感染症もあるとわかり、栄養管理の重要性が再認識されてきています。栄養不良が続くと、全身の免疫機能の低下(胸腺、リンパ節、扁桃、脾臓など免疫組織の萎縮、末梢血リンパ球数の減少など)が生じ、感染症にかかり易くなることが分かっています。積極的に免疫を増強することで、『入院日数の短縮化や生存期間の延長』を行う効果があると見られています。

 

<栄養不良による免疫系への影響>

◆リンパ球数の減少

◆抗原に対する皮膚の免疫反応が悪化

◆手術後の傷の治癒が遅くなる、易感染

 

<経腸栄養法による改善効果>

◆腸管の細菌に対するバリア機能の維持(バクテリアル・トランスロケーション(腸管から全身への感染症拡散)の予防)

◆粘膜からのIgA分泌促進による感染防御(肺炎にも有効)

◆全身の50%を占める最大のリンパ組織である腸管から、サイトカイン・好中球の活性化を維持

◆蛋白・アミノ酸代謝の改善

 

免疫機能を調整する栄養成分の詳細 

免疫増強栄養剤に配合されている【オメガ3系多価不飽和脂肪酸、アルギニン、グルタミン、核酸】などは、体内でどのような働きをしているのでしょうか。

 

◇オメガ3系脂肪酸(シソ油含有のα-リノレン酸、魚油含有のDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)など)

 

代謝の過程でオメガ6系脂肪酸(リノール酸やアラキドン酸など)と競合し、過剰な炎症性物質(プロスタグランジン、ロイコトリエン)を抑制し、免疫系を調整するものと考えられています。オメガ3系:オメガ6系の比率により、T細胞の増殖やサイトカイン産生が変化すると言われています。また、アルギニンとの併用で生体防御を高めるという報告もあります。

 

◇アルギニン(成長下やストレス下では補給が必要なアミノ酸) 

T細胞の分化や成熟を亢進し、創傷治癒効果が高まると言われています。外科手術後に、食事中のアルギニン量を3~4倍に増加すると、T細胞機能の改善が得られることが報告されています。また、成長ホルモンやプロラクチン、インスリンなどのホルモンの分泌増加による免疫賦活作用も確認されています。

 

◇グルタミン 

侵襲時に筋肉から大量に合成、放出され、腸や免疫担当細胞の主要なエネルギーとなると言われています。また、腸管バリア機能の維持によるバクテリアル・トランスロケーションの予防や、免疫能の増強効果などもあります。

 

◇核酸

DNAの構成成分であり、免疫機能を増強させるサイトカインや免疫細胞の産生に寄与します。

 

また上記以外の栄養素として、『食物繊維やビタミンA・C・E、亜鉛、タウリン』などが挙げられています。これらは、腸粘膜の萎縮予防や、耐糖能改善、腸内細菌叢の維持、抗酸化作用、免疫細胞の活性化などの役割があり、併せて摂ることでさらに治療の促進が期待できそうです。栄養療法を利用し、早期の回復を図って行きましょう!

 

 

溶連菌感染症の簡易診断基準『センタースコア』とは?

溶連菌(A群溶血性レンサ球菌)は、咽頭の感染症の中でも唯一抗生物質の治療が推奨されている病気ですが、その理由は溶連菌による感染症が、周囲の組織へ感染が拡大しやすく、『リウマチ熱』や溶連菌感染後腎炎』のような、咽喉以外の合併症の原因に繋がるからとされています。

 

通常、医療機関では溶連菌感染が疑われた場合、培養検査などの確定検査を行いますが『Centor Score(センタースコア)』という溶連菌の簡易診断基準(4項目+2項目)があり、これを用いることで家庭内でもある程度の感染の有無がわかる様になります。

 

溶連菌感染症の診断スコアについて

咽頭炎で病院を受診する患者さんのほとんどはウイルス感染によるものが多く、細菌感染は10~15%程度と言われています。そのため、不必要な抗生剤の投与をさけるために、『Centor Score(センタースコア)』という簡易診断基準が用いられ、2点以上の該当項目があれば病院で精密検査を受ける必要があります。

 

<Centor Score(センタースコア)>

■38度以上の発熱(+1)

■咳がない(+1)

■圧痛を伴う前頚部(首の筋肉の前方)のリンパ節の腫れ(+1)

■扁桃腺の部分が白くなっている(滲出性扁桃炎、白苔の付着)(+1)

 

(以下の項目を加えるべきとする文献もある)

■年齢15歳未満(+1)

■年齢45歳以上(−1)

 

⇒centor score2点以上で迅速抗原検査を施行するべきとされています。

 

(※各取得点数における、溶連菌抗原迅速キットを用いて陽性となる確率)

 

□0-1点(2~6%):溶連菌感染症の可能性は低い(90%程度の確率で溶連菌ではない)。⇒抗生剤は処方しない。

□2-3点(10~28%):溶連菌迅速抗原検査を行って判断する。

□4点(38~63%):40%以上の可能性があるので、抗生剤の投与を考慮する。

 

最後に

一般的にはスコアが2点以下であれば、溶連菌感染の確率は90%以下の確立とされていますが、乳幼児は例外的に症状が異なる場合があり、自己判断は避けてすぐに病院にかかることが必要になります。

 

(引用・参考ウェブサイト:救急医の挑戦 in 宮崎)

 

 

腸管出血性大腸菌に感染した場合の治療法は?

腸管出血性大腸菌に感染すると下痢や腹痛に悩まされ、脳症などの後遺症を残す結果になることもあります。

腸管出血性大腸菌に感染した場合、どのような治療が行われるかを見ていきましょう。

 

●下痢止めは使わない

下痢が起きやすい人の場合は、普段から下痢止めを持っているケースもありますが、治療では基本的に下痢止めは使いません。

というのも、下痢止めを使ってしまうと腸の動きが悪くなり、腸内に溜まっている腸管出血性大腸菌を出せなくなってしまうからです。

普段とは違う水様便の下痢、発熱(38℃くらいまで)、腹痛を感じたら、下痢止めを使うよりも、まず病院へ行きましょう。

 

 

●水分補給と安静

腸管出血性大腸菌への感染症だけではなく、一般的な感染症への治療が『水分補給と安静にすること』の2つです。

この2つに加えて、家族がしっかり菌を寄せ付けないように工夫出来れば、家で治療することも可能です。

少しの水分補給も出来ず、脱水になっているときには、輸液によって体に水分を入れ込んでいきます。

 

●薬を使うとすれば抗菌薬

世界的にも腸管出血性大腸菌は見られますが、薬を使う国は多くはありません。

水分補給と安静という治療の基本をしていれば、あとは合併症が出ない限りは薬物使用は控える国が多いのです。

日本の場合も薬は基本的には使用しませんが、例外的に発病3日以内に抗菌薬を使うことを推奨されている点が、海外の多くの国とは違う治療法の特徴です。

 

腸管出血性大腸菌への感染が疑われる場合は病院で検査を受け、その後はしっかり安静にしていてください。

体が強くない分、お年寄りや小さな子供は腸管出血性大腸菌感染症の症状が重篤になることが多く、病院0で輸液による治療や24時間体制での管理を受けるケースも、少なくはありません。

 

 

成人T細胞白血病 リスクを知って

成人T細胞白血病は、HTLV-Iというウイルスによって起きる病気です。

国内に100万人はいるといわれているHTLV−Iウイルス感染者ですが、実際には全員が発症するわけではないのです。

ですが、パートナーや子どもへの感染リスクがあるため、しっかり理解しておく必要があります。

 

南九州エリアに多かったHTLV-I

HTLV-Iウイルスによる成人T細部白血病は、日本国内の場合、南九州の風土病とも呼ばれるほど、地域限定的な感染症でした。世界的にも、カリブ海沿岸などに発生が限定されており、その起源についてもいろいろと説が唱えられています。

 

 

地球規模で拡散する感染

人口の移動が急激に進み、地方エリアから都市エリアへの流入の結果、最近では地域に限らず、首都圏などでも成人のT細胞白血病の発症が増えています。

この場合、親の世代が子ども世代にこのウイルスの感染について説明しておらず、自分がウイルスを持っている(キャリアと呼ばれます)であることを知らずにいた、というケースが多いのです。

ウイルスキャリアであることを知らずに結婚、出産し、その後発症してわかる、というパターンで、さらに感染を広げている可能性があります。

 

 

キャリアであっても発症するとは限らない

もし、ウイルスキャリアであるとしても、発症するとは限りません。HTLV-Iウイルスの場合、発症率は全体の5%程度といわれています。

また、人によって異なりますが、感染してから50年くらい経ってから発症するといわれています。ですから、大人になってから感染しても、発症しない人が多いのです。

 

 

大事な人を守るために

家族や親戚にHTLV-I感染者や成人T細胞白血病の方がいる場合には、ぜひ血液検査をしましょう。また、妊娠時の血液検査では、自治体が推奨していなくても、ぜひ検査項目に加えることをお勧めします。

(Photo by:http://pixabay.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-09掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

慢性感染症とは

○ 慢性感染症とは いわゆる感染症というと、はしか、風疹、水ぼうそう、インフル...

抗生物質を「飲み切る」のは何のため?抗生物質の3つの使い方!慢性感染症とは?風邪の対処法

感染症にかかって抗生物質や抗菌薬を処方されたとき、それを飲み切っていますか?...


溶連菌感染症の簡易診断基準『センタースコア』とは?

溶連菌(A群溶血性レンサ球菌)は、咽頭の感染症の中でも唯一抗生物質の治療が推奨...

腸管出血性大腸菌に感染した場合の治療法は?

  腸管出血性大腸菌に感染すると下痢や腹痛に悩まされ、脳症などの後遺症を残す結...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る