カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 便秘 >
  4. 生活 >
  5. ウォシュレットが便意を起こす?でも使いすぎると問題が…!

女性のカラダの悩み

ウォシュレットが便意を起こす?でも使いすぎると問題が…!

便秘がひどくてつらいときはウォシュレットで便意を起こすことが可能です。

ウォシュレットを使い過ぎてしまうのは問題ですが、どうしても必要なときは頼りになる存在です。

 

ウォシュレットでなぜ便意?

ウォシュレットは本来であれば、排便時に肛門周りを洗ったり、女性のデリケートゾーンをケアする目的で使用します。しかし、便意を感じるためにウォシュレットを使っている人も結構な割合で存在します。

 

ウォシュレットの水流が肛門を直撃し、さらに内部の直腸に水流が到達することによって便意が起こるようです。

 

便が直腸までおりてきたときに、便意を感じるのが自然な便意です。

便意を人工的に起こすのが座薬であったり、浣腸となります。

便秘を解消する座薬の中は、直腸に挿入することによって、直腸内で炭酸ガスが発生し、直腸に刺激を与えます。

 

ウォシュレットも直腸に水流を当てることで同じような作用をするということになります。

 

内服する便秘薬には、腹痛や下痢、体のだるさなどの副作用があります。

また恐ろしいのは、腸の機能が低下して便意を感じなくなってしまう危険性があります。

そういった便秘薬を使用するよりもウォシュレットで便意を起こせたほうが楽ですね。

しかし、ウォシュレットも使いすぎると問題点があります。

 

ウォシュレットの注意点

ウォシュレットを便意を起こすために使用していると、ウォシュレットなしでは排便できなくなってしまうことがあります。

必ずどこにでもウォシュレットがあるというわけではありませんし、こんなにトイレに機能がたくさんついているのは日本国内だけということをよく耳にすることと思います。

自力で便意が起きたときは、ウォシュレットを使わないで、排便しましょう。

 

また、それよりも恐ろしいのは、肛門の皮脂や善玉菌を洗い流してしまうことです。肛門の皮脂や善玉菌によって、肛門内の健康が保たれています。

したがって、ウォシュレットを使い過ぎると思わぬ病気にかかってしまうことがあります。

使い過ぎには注意して、便秘時にウォシュレットを使ってみましょう。

(Photo by:足成 ) 

著者: かとりーなさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活に関する記事

ちょっと危険かも!ウォシュレットがないと便意を感じない?!

排便の「あと」にスッキリ洗い流せる温水洗浄便座。ところがなかには、排便の「まえ...

美容の大敵?生活に潜む便秘の原因を知って便秘知らずになろう

  便秘の症状は様々あります。単純に便が出ないことも便秘の症状ですが、便がスムー...


毎日の生活に取り入れよう!運動不足解消で便秘も解消!

近年の便秘の理由・・・それは腸のぜんどう運動の低下による便秘です。ぜんどう運動...

秋の気候変動が女性の体に直撃!秋に女性に起こるかもしれないトラブル6選

女性の体というのは、ホルモン分泌の変動や、環境の変化によって影響を受けやすいも...

カラダノートひろば

生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る