カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 貧血 >
  5. 生理中の貧血は出血が原因ではない?!虚血性貧血ってなに?

女性のカラダの悩み

生理中の貧血は出血が原因ではない?!虚血性貧血ってなに?

生理中にめまいがしたり、貧血のような症状がつらくて悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

でもこの貧血、生理の出血量が多いから起こるものなのでしょうか?

 

生理中の貧血はなぜ起こる?

生理中の貧血はなぜ起こるか知っていますか?実は、経血によるものだけが原因ではないのです。

鉄欠乏性貧血・虚血性貧血・亜鉛欠乏性貧血があり、大きく分けてこのような種類があります。

 

それぞれは貧血の原因が異なっているため、対処法も違います。

では一つ一つ説明していきたいと思います。

 

鉄欠乏性貧血

貧血で最も多いのが鉄欠乏性貧血です。

 

鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。

ヘム鉄とは、肉や魚から摂ることのできる動物性の鉄分です。非ヘム鉄は、野菜から摂ることのできる植物性の鉄分です。

 

ヘム鉄は非ヘム鉄に比べ吸収率がたいへん高く、他の食品による吸収の阻害を受けません。豚や鶏、牛のレバー、牛のもも肉、あさり、マグロ、かつお、牡蠣などに鉄分が多く含まれます。

鉄欠乏性貧血の場合は、このヘム鉄を中心の食事にすることが不可欠です。 

 

併せて、サプリメントを使用することで、無理なく鉄分摂取を続けることができます。

 

虚血性貧血

動脈の血流の低下によっておこる局所的な貧血のことを言います。生理のときに起こる貧血は、これが原因であることが多いと言えます。

 

その理由は、生理中には子宮が活発に働くため子宮の周辺血液が集まります。

そのため、脳にいくはずの血液量が低下し、貧血が起こってしまうのです。

生理時の頭痛は、虚血性貧血における脳の血流量低下による頭痛だと言われています。

 

虚血性貧血は予防方法はありません。

生理時の貧血の原因は、鉄分の低下と認知されがちですが、生理における経血の出血からの貧血はなりにくいと考えます。 

その理由として、出血量というのは一日あたりの必要鉄分のうちの10分の1程度だからです。

 

つまり、生理中だから鉄欠乏性貧血になっているというよりは、元から体が貧血気味だということです。

生理中だけではなく日頃から鉄分摂取を心がける必要があります。

 

亜鉛欠乏性貧血

血液の主成分である赤血球を作るためには「亜鉛」が必要です。この亜鉛が不足することで貧血が起こってしまいます。

亜鉛がが不足してしまうと赤血球がもろくなり、症状としては味覚が鈍くなる、肌荒れなどがあらわれます。

 

女性の場合、1日当たり3~6mgの亜鉛が不足しているといわれています。

亜鉛欠乏性貧血になると、鉄分を摂るだけでは症状は改善しません。そのため、亜鉛を摂ることが必要なのです。

 

牡蠣には最も多く亜鉛が含まれており、他には豚レバーや牛もも、貝類に多く含まれています。

 

貧血の種類についてわかりましたか?あなたが今悩んでいる貧血はどれでしょうか。

これらの貧血は、血液検査で調べることが可能ですので、つらいときは専門医を受診してみましょう。

 

生理中の貧血は「虚血性貧血」?

生理中に、これはもしかして貧血なのではないだろうかと思うことがあります。特に出血の多い人は心配になると思います。

生理中にめまいやふらつきの症状も出やすいので、この症状はきっと貧血であると考えることでしょう。

 

しかし、一般的にこの生理中の貧血は「虚血性貧血」であると考えらています。

それは、出血が多く、血液が薄くなり、赤血球中のヘモグロビンが減少することにより発生する通常の貧血とは、また別の症状であるということです。

 

排卵後に受精しなかった場合に、子宮の内膜が剥がれ落ちることが、生理中の出血です。

このとき、子宮内の動きが活発となり、子宮に血液が集中することから起こる貧血と考えられているのが虚血性貧血です。

 

栄養不足・鉄分不足を解消しよう

いずれにしても、毎月の月経があるので、女性は男性に比べて鉄分が不足しやすいことは確かです。

 

また、女性は見た目を男性よりも気にすることから、無理なダイエットを行って、栄養不足に陥りがちで貧血気味になっている人が少なくありません。

慢性的な栄養不足であれば、月々の生理で失われる血液の分の鉄分を摂取しきれない可能性があります。

 

倦怠感や、めまい、ふらつきなど貧血が疑われる場合は、貧血でないか、一度血液検査をして調べなくてはなりません。

 

また、出血量が多い人の中で、レバーのような血のかたまりが出ている場合は、子宮筋腫など子宮の疾患の可能性があります。

こういう症状があって、出血が過多になっていると思われる場合は、産婦人科の早めの受診をおすすめします。

 

どうしても女性は鉄分が欠乏しがちなので、食事で鉄分を意識して摂ってみてください。

(Photo by:足成

著者: かとりーなさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

貧血に関する記事

貧血予防に!鶏レバニラ炒め

【レシピ】鶏レバニラ炒め   レバーはご存じの通り、造血にかかわる葉酸やビタ...

この症状は貧血?貧血症状をチェック

  原因は様々なものがありますが、貧血とは血液中の赤血球が少なくなる状態を言い...


貧血改善の市販薬の成分と効き目は?

貧血を改善するための方法に市販薬があります。ドラッグストアなどで貧血の薬を探し...

貧血対策は食事から!おいしくて栄養満点の貧血対策レシピ!

貧血で悩んでいる方はとても多く、特に生理中に貧血からくる不調を感じやすいもの...

カラダノートひろば

貧血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る