カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. >
  5. 生理前に起きる歯茎、歯の不調の原因・対処法は?口臭と女性ホルモンの関係とは

女性のカラダの悩み

生理前に起きる歯茎、歯の不調の原因・対処法は?口臭と女性ホルモンの関係とは

生理前に歯茎が腫れることがあります。PMSの時期に毎月起きるのが、何とも不思議です。

一見PMSと関係のない部位の症状の悪化ですので、どう対処したらよいかわからない場合があります。

 

女性ホルモンの乱れから歯茎の腫れが起きる!

なぜ女性ホルモンの乱れから歯茎の腫れが起きるのでしょうか。

それは、女性ホルモンを栄養源にして増殖する細菌が存在するためです。

また、生理前はプロゲステロンが上昇した状態です。そのため、排卵直前にエストロゲンが上昇している時や、生理前のプロゲステロンが上昇しているときに、歯茎の腫れが起きてしまうのです。

また、プロゲステロンが上昇すると、痛みを感じやすくなる傾向があるようです。

 

とは、いっても、歯科医院に、「PMSなので歯茎が腫れて痛みます」と言えば、対処してくれるのでしょうか。

PMSの認知度が上がってきているとはいえ、歯茎の腫れなど、一見するとPMSに関係がなさそうな症状は、どの科を受診しても、PMSが原因と診断してくれないかもしれません。

したがって、おそらくPMSが原因であるということは、自分の中で把握しておいた状態で、歯茎が腫れるということに対して治療を行えばいいと思います。

 

 

PMSの時期には歯科医院にかからず、平常時に受診しよう!

それでも、担当医には、PMSの時期に歯茎が腫れるということは伝えましょう。

そのことがきちんと伝えられるなら、PMSの時ではない平常時に歯科医院を受診して相談しても大丈夫です。PMSの時に歯茎が腫れたときの対応策を一緒に考えてもらいましょう。

 

他にも生理前に、たくさんの症状が出てしまい、苦しいということでしたら、やはり、女性ホルモンのバランスが乱れていることを改善した方がよいです。

PMSに一番確実に効くのは、低用量ピルです。低用量ピルを専門に扱っているのは

産婦人科ですので、最終的には、産婦人科医に相談することとなるでしょう。

 

歯茎の腫れも、PMSの一つの症状です。

PMSを緩和するようなことをすれば、症状がやわらぐでしょう。

 

 

歯や歯茎の不調…これにも生理が関係しています!歯周病に気をつけて

生理と歯が関係しているなんて、あまり考えたことはないのではないでしょうか。

実は生理と歯の状態には密接な関係があるのです。

 

生理と歯周病

最近「歯周病」という言葉を、CMや広告などでよく見かけるようになったと思いませんか。

歯周病菌が身体に大きな悪影響を与えることが分かったことから、歯周病予防が広く呼び掛けられているんです。

 

30代からが危険

それでは、生理と歯周病にどういった関係があるのでしょうか。

なんと女性は、女性ホルモンの影響で歯周病が悪化しやすいといわれているのです。生理前後や妊娠中は、歯茎の毛細血管から女性ホルモンが多く出ているんです。

この女性ホルモンが歯周病菌などの細菌の栄養素となり、繁殖・増殖を促進してしまうのです。

歯周病は30代の80%がかかっていると言われ、さらにその7~8割が自覚症状もなく治療もせず放置されている可能性が高いそうです。

心当たりのある方も、そうでない方も、一度歯科で検査を受けてみてはいかがでしょうか。

 

女性特有の歯の悩み

女性は生理中歯茎から女性ホルモンが出るため、歯周病菌が増殖しやすいという特性を持っています。

そのため生理前には歯茎に違和感を感じることをはじめとし、炎症を起こしたり出血したり、更には熱っぽさを感じることもあります。

 

歯周病は自覚症状が少ないことも問題の一つとされています。

以下の項目で自分に歯周病の疑いがないか、チェックしてみましょう。

 

歯周病チェックTOP3

 ・歯が伸びたような気がする。

 ・歯を磨いた時に、歯茎から出血する。

 ・冷たい物を口にいれた時、歯に違和感がある。

 

以上のことに心当たりがある場合は、早急に歯科の検査を受けましょう。

 

生理の時の不調はさまざまな所に現れますが、歯もその一つです。

定期メンテナンスで自分の健康を守りましょう。

 

 

生理中に歯が痛くなる…原因と虫歯の予防法

虫歯があるわけでもないのに、生理が始まる頃になると歯や歯茎がガンガン痛む…という経験がある人も多いと思います。生理中はさまざまな体調の変化があらわれますが、歯のトラブルにも要注意です。

 

 

【歯痛の原因】

生理の時期が近付くと、女性の身体は妊娠しやすくなるために黄体ホルモンの分泌が盛んになります。これにより生理前は基礎体温が高くなる高温期を迎え、寝る時でもなかなか体温が下がらず、身体がだるい状態が続きます(月経前症候群)

 

すると寝不足や疲れから身体の免疫力が低下し、もともとあった炎症が強調されたり、外気中の雑菌に感染しやすくなります。

口の中は外の空気に直接触れる場所なので、特に雑菌が繁殖しやすく、免疫力が低下した生理中は虫歯や歯肉炎が起きやすいのです。

 

 

【主な歯トラブル】

もともとある虫歯で、普段痛みを感じていなくても、生理の時期には痛みだすこともあります。また銀歯などをかぶせている人は、内部で虫歯が進行している可能性もあります。

 

生理中は歯茎の毛細血管まで女性ホルモンが届いています。歯周病菌のウイルスは女性ホルモンが大好物で、生理中には特に繁殖して歯肉炎になりやすいので注意が必要です。

 

 

~歯医者でしっかりメンテナンスを~

歯の痛みは我慢すればやりすごせるので、あまり積極的に治療せず重症になるまで放っとておく人もいます。虫歯は進行がすすむと、削ったり抜いたりしなければなりません。そうなる前に、定期的なメンテナンスで歯医者さんに見てもらいましょう。歯垢を除去するだけでもスッキリします。

 

 

生理中も素敵な笑顔をキープ!輝く歯のみだしなみ

生理前や生理中に「歯が痛いなぁ」と思うことはありませんか?これには理由があるんです。

 

生理前、生理中は免疫力が低下

生理前や生理中に歯が痛くなるのは身体の免疫力が低下しやすいからです。

疲れてくると歯肉炎になりやすいのも免疫力が低下するからです。「生理前になると眠い」「生理前になるとだるい」といったことの原因でもあります。

これは生理前に身体が高温期に入っていて、眠る時も体温が高いままで、睡眠モードまで体温が中々下がらない、ということが要因だといわれています。

寝不足だと身体も休めず疲れも取れないため、小さな疲労が蓄積していき同時に免疫力も低下しやすくなるといった悪循環が生まれます。

 

免疫力が低下すると歯にダメージが

免疫力の低下で、風邪をひきやすくなったり少しのことで微熱が出たりしますが、歯にもダメージが出てきます。

これは歯が雑菌の入ってきやすい口の中にあるためです。免疫力が低下すると唾液の中の雑菌を殺菌する成分も減少すると言われています。

本来唾液には、殺菌効果の高い物質がたくさん含まれていますが、強いストレスを感じたり疲れていたりすると、その物質の分泌が抑制されてしまうのです。

そのため普段は何の問題もない歯も、生理前辺りから免疫力下がると共に、雑菌を殺菌する能力が減ってしまいます。

雑菌の影響を受けやすくなった歯・歯茎は歯肉炎になりやすくなったり、腫れる、血が出るなどの症状を起こします。

 

歯周病ケア、口臭ケアが効果的

免疫力が下がるから、と言われてもそれに関してはどうしようもない部分がありますよね。生理前から生理中にかけて免疫力が下がっても、歯へのダメージを軽減できる方法があります。

まずはちゃんとした歯磨き、そして口臭ケアグッズを使ったマメなケアが効果的です。歯周病ケアが最も効果的と言えますが、歯科に通う必要があるため、手軽ではないかもしれません。

 

歯科でのケアは意外とお手軽

歯科で歯のクリーニングを定期的に行うことで、歯周病予防にも歯肉炎予防にもなります。

医院にもよりますが、1回1000円前後で専門の施術が受けられます。保険も使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

綺麗な歯と歯茎は美味しく食物を食べる原点であると共に、人に好印象を持たれます。

歯のメンテナンス、是非始めてみませんか。

 

 

「生理中に口が臭くなる?」口臭と女性ホルモンの関係

生理中は腹痛やむくみなど、さまざまなトラブルに悩まされるものですが、生理になると口臭が気になるという女性もいます。

 

【口臭の原因】

女性ホルモンが減少すると、唾液の分泌量が減ります。また免疫力も低下するため、雑菌が繁殖しやすく、短時間で臭いが発生してしまいます。

 

【口臭予防】

生理が終わると身体が元の状態に戻るので、口臭もおさまってきます。しかし雑菌の繁殖から虫歯に至ることも考えられるので、歯磨きは丁寧に行いましょう。

朝起きたときは、舌みがきも合わせて行うと効果的です。

 

・梅干し、レモン /酸味で唾液が増えるため

・緑茶 /カテキンによる抗菌効果

・ミントティー /ハーブの殺菌作用(カモミール、セイジもおすすめ)

・リンゴ /アップルフェノンの働きで臭い解消

・パセリ /クロロフィルとアルファーピレンの消臭効果

 

生理になると身体が水分を溜めこんでしまい血行が悪くなるため、むくみの症状が出る人もいます。だからといって水分補給を怠ると、かえって身体の中の水分が循環しないため、体力が落ち、唾液の分泌量が減って口臭の原因になってしまいます。

成人であれば、一日1~1.5ℓの水を飲むことが理想です。

 

 

 

~重層うがいのすすめ~

口の中が酸性の状態だと、菌が繁殖しやすく口臭の原因になります。重層はアルカリ性の効果ですみやかに口内環境を中和させ、口臭や虫歯予防にもなります。うがいにしようする重層はベーキングパウダーではなく(でんぷんが入っているため)、混じりけなしの「食品用重層」を使用しましょう。

 

・水100ccに、小さじ1杯の重層

・うがいは30秒

 

 

女性には2度転機がある?生理に関わる歯の問題

女性には歯周病にかかりやすい2つの時期があります。

そしてそれは、生理の周期と関係しています。どんな時に歯周病にかかりやすくなるのでしょうか。

 

生理前になると歯が痛む

生理の1週間から10日前辺りから、歯磨きをすると痛い、血が出る、歯茎が腫れている感じがする、熱をもっている感じがする、といったことはありませんか。

これには、生理前に女性ホルモンの分泌量が変わることが大きく関係しています。

 

女性ホルモンが変化すると、免疫力が低下して免疫と口内細菌のバランスが崩れます。そのため普段は感じない違和感が生まれるのです。

 

女性が歯周病にかかりやすい2つの時期

一般的に男性より女性の方が歯周病にかかりやすいとされています。

それは歯周病菌を増殖させる物質の1つに女性ホルモンがあるからとされています。

ただでさえ女性が発症しやすい歯周病ですが、どんな時期にかかりやすくなるのでしょうか。

 

●思春期

思春期に初潮を向かえた時から、生理に伴う女性ホルモンの変動がはじまります。

女性ホルモンの変動と共に、この時期歯茎に炎症ができやくなったりしますが、基本的なケアをしっかりしていれば、健康な歯・歯茎で過ごすことができます。

 

●更年期 

更年期は閉経を挟んで約10年の期間のことを言います。

この時期から女性ホルモンの分泌が極端に減少し、その影響を受けて心身共にバランスを崩しやすくなります。

俗にいう更年期障害と呼ばれる症状です。

歯もこれらの影響を強く受け、コンディションを崩しやすくなるのです。

 

思春期から更年期と、女性としてとても長い付き合いをしなければいけない生理ですが、きちんとした日々のメンテナンスでその辛さは軽減できます。

早めのケアを心がけましょう。

 

(Photo by:http://www.photo-ac.com

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

歯や歯茎の不調…これにも生理が関係しています!歯周病に気をつけて

  生理と歯が関係しているなんて、あまり考えたことはないのではないでしょう...

生理中も素敵な笑顔をキープ!輝く歯のみだしなみ

  生理前や生理中に「歯が痛いなぁ」と思うことはありませんか?これには理...


女性には2度転機がある?生理に関わる歯の問題

      女性には歯周病にかかりやすい2つの時期があります。 そしてそ...

生理中に歯が痛くなる…原因と虫歯の予防法

  虫歯があるわけでもないのに、生理が始まる頃になると歯や歯茎がガンガン痛...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る