カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. PMS・PMDD >
  5. >
  6. 生理前の歯の痛みどうしたらよい?歯科を受診する際にもっていきたいもの

女性のカラダの悩み

生理前の歯の痛みどうしたらよい?歯科を受診する際にもっていきたいもの

歯が痛くなるタイミングがきまって、生理前であったりすることはありませんか?

歯が痛いけれど虫歯があるわけではない、こんなときどうしたらよいのでしょう。

 

PMSの症状として歯の痛みが出ることがある

虫歯があるわけではないのに、歯が痛くなることがある…この歯が痛くなるタイミングは、生理前ではありませんか?
生理前に歯が痛くなるのは、PMS(月経前症候群)の症状の一部です。
PMSは排卵後、生理の前まで、身体にも精神にも様々な不快な症状をもたらします。
人によっては、それが歯の痛みとして出てくる可能性があります。
PMSの原因は、二種類の女性ホルモンである、プロゲステロンとエストロゲンの分泌量の急激な変化であるといわれています。
しかし、歯の痛みと女性ホルモンの関係はいったい何だろうと悩んでしまいますよね。

 

歯科を受診する際には

歯の痛みが気になって、歯科を受診することがあると思います。

その時に、PMSが原因となって、歯の痛みが生じていると感じている場合は、歯が痛くなるタイミングと月経周期をカレンダーのようなものに記録しておいて、歯の痛むタイミングがきまって生理前であるということを、歯科医に相談するとよいでしょう。

 

鎮痛剤を飲んでも根本的な解決にはならない

どうしても歯が痛くて困る場合には鎮痛剤を飲んで、その場をしのいでもよいでしょう。
しかし、PMSの一症状として、歯が痛む場合、鎮痛剤を飲むことは、根本的な解決にはなりません。
他にもPMSの症状が思い当たる場合、産婦人科の受診をお勧めします。特に、歯の痛みが家事や仕事に支障をきたす場合は、産婦人科に相談した方がよいでしょう。
また、漢方薬や低用量ピルを服薬することで、確実にPMSの症状を改善することが可能です。

一見、歯の痛みと女性ホルモンは関係ないように思えますが、PMSの症状と同時期に歯の痛みが出る場合は、産婦人科を受診しましょう。

 

(Photo by:足成

著者: かとりーなさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

これもPMSの症状なの?!歯や歯茎が痛くなる場合はどうしたらいいの?

PMSで歯が痛くなるだなんて…とは思うけれど、やはり生理前の時に限って歯や歯...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る