カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 運動療法・足ツボマッサージで更年期障害を効果的に緩和しよう!更年期障害に良い食事とは

女性のカラダの悩み

運動療法・足ツボマッサージで更年期障害を効果的に緩和しよう!更年期障害に良い食事とは

更年期障害に見られる精神不安定の解消、

肥満防止や、食欲不振の改善には、

運動療法が効果があるのでおすすめです。

 

更年期障害に罹っている高齢の女性の多くの場合は、

運動不足で自然と骨や筋肉が衰えている状態に悩んでいます。

 

運動をすることは、体にとってとても良いことです。

毎日、仕事や家事で忙しくて

体を動かす機会がないことはよくありますね。

そのため、ガッツリと運動するというよりも

最初は自分のできる範囲で行うと

簡単にできるのではないでしょうか。

 

テレビを見ながらストレッチや

自転車で移動する距離を歩いてみる、

など、簡単な運動で結構です。

 

慣れてきたら、自宅の周りのウィーキングやジム通い、

水泳など、除々に試してみるのもいいかもしれません。

運動療法は、運動をすることでストレス発散して、

精神を和らげる作用があります。

また、脂肪を消費されるため肥満の防止と食欲の向上を、

適切な形で行っていき、更年期症状の解消に

を図ります。

過度のダイエットや運動は症状の悪化を

招くので避ける様にしましょう。

 

高齢の女性の身体状態では、有酸素運動から始めるのが無難です。

短距離走やウェイトトレーニングなどの

無酸素運動も行うのも体には良いのですが、

有酸素運動の後に、負担にならない程度として

行うのがベストでしょう。

 

毎日ウォーキングや水泳などの有酸素運動を行い、脂肪を消費して、ストレッチでリラックス出来る様に、頑張りましょう。

 

 

更年期の筋肉の緩みを骨盤底筋群体操で鍛えよう!

骨盤底筋群体操 

更年期が近づいてくると、だんだんトイレが近くな尿漏れ経験があるという女性がとても多くなります。

そのために、排尿、排便を支える骨盤底筋群を運動で鍛えるようにします。

 

さらに骨盤底筋群が弱ってくると、膀胱や子宮、直腸といった臓器も支えられなくなり、どれか一部が膣から出てくる骨盤臓器脱という症状になります。

 

おトイレで、膣からピンポン球状の白い物が飛び出ているのを見て、初めて慌てることになります。症状がひどくなると、尿道がふさがって手術という場合もありますので、早期にセルフケアをしましょう。

 

更年期には女性ホルモンの減少により、骨や筋肉などが弱ってきます。

いわゆるまたになる骨盤底筋群の弱りも例外ではありません。

尿道や肛門周辺の筋肉が衰えてきて、尿もれや頻尿になります。

 

階段を降りる時、急に立ち上がった時、せきやくしゃみをした時など、お腹に力が入ったとたんにもれてしまうという症状を運動で改善していきます。

 

骨盤底筋体操は、仰向けに寝て、呼吸をしながら、3秒間、膣や肛門を締めたり、緩めたりを1日合計5~10分続けます。

 

臓器が下がっていない朝に行うと予防になります。

 

慣れてきたらながら体操で、1日10分間を目標にしましょう。

 

分かりにくければ、尾骨を手で触り、前方にわずかに動いていれば、骨盤底筋群が正しく動いています。

 

初めての人は、1ヶ月を目標に毎日続けてみましょう。

 

特に40代になって出産した場合は、陰部の痛みがひくと、すぐに運動を初めて、尿漏れや脱臓器を防ぐようにしましょう。

 

 

足ツボマッサージで更年期症状を軽減

東洋医療の視点から、更年期の個々のつらい症状に対処していくには、自分で簡単にお手入れできる足つぼ治療がおすすめです。

 

女性は40~50代になると閉経が近づき、

卵巣機能ホルモンの分泌が低下・減少して、バランスが崩れます。

そして、のぼせ、頭痛、疲労感、ほてり、肩こり、

苛々、うつなどの諸症状が表面に現れてきます。

 

こういった症状がある場合、ツボを刺激すると、ホルモンの分泌や

生殖器のはたらきが良くなることが証明されています。

そして、自律神経のバランスを調整する作用があるので、

補助的な手段として、つぼ治療は効果があると言われています。

 

特に足つぼ刺激は全身のバランスを取り戻すのに役立ちます。

 

更年期障害に効果があるツボ

 

 

・三陰交と血海

 ホルモンの分泌をよくする作用がある足つぼです。

 三陰交は、くるぶしの上を位置します。

 血海は、膝のお皿の上を位置します。

 朝晩2回、2つのツボを刺激すると、つらい症状が改善されます。

 

・湧泉

 副腎の機能を高める効果があり、ホルモンバランス整えます。

 湧泉は、足裏の土踏まずの中央よりもやや前にあります。

 空いた時間にこのつぼをよく押すようにします。

 また、温風を当てると、効果があります。

 

・行間と大衝

 神経の束が集中しているので、疲労感が解消します。

 足の親指と人差指の骨の接合部分にあります。

 

これらのツボは、体の血流をよくする働きがあります。

できればパートナーに足ツボを刺激してもらうと効果があり、

相手の心遣いを感じることでさらに気持ちが和らぐでしょう。

 

足ツボを刺激する時間は、夕食後1、2時間してから、

1日に15分から30分位が適当です。

症状が重い場合には、毎日または一日置きに足ツボを刺激して、

ある程度症状が緩和されたら、週2回くらいのペースに変えましょう。

 

 

ギャバを食べて元気に更年期を過ごそう!アミノ酸の1種キャバの効果

近年、更年期障害のイライラや、不眠などの睡眠障害、憂うつな精神状態の改善に効果があるとされているギャバを、更年期症状の改善におすすめします。

 

ギャバ 

ギャバは、γ-アミノ酪酸と呼ばれる植物や動物にも存在するアミノ酸の

1種で、体内では中枢神経系に多く存在し、抑制系経伝達物質として脳の働きに関与しています。最近、ギャバの研究が進み、食べ物から摂取したギャバが脳へ届くことがわかってきました。

 

ギャバは脳内の血流を良くし、酸素供給量を増やします。

更年期障害の症状である不定愁訴の緩和にも効果があるという事です。

 

<ギャバの効能>

 

ストレスによる緊張の緩和

更年期障害による精神症状の改善

脳の血流を良くする作用

腸内の悪玉菌増加を防止

不眠改善

など様々な体内に良い影響を与える作用を持っていると人気になっています。

 

穀類・発酵食品 

ギャバは穀類や発酵食品、小魚、野菜などに多く含まれており、摂取後2時間効果があるといわれています。

 

1日300グラムサプリメントなどで摂取して、快適に更年期生活を送りましょう。

 

 

青汁の酵素パワーですっきり更年期を

40代半ばから50歳代半ばまでの女性は、女性ホルモンの分泌が減少します。女性ホルモンの不足は、自律神経、脳、骨、血管などにも作用し、さまざまな症状を起こす事を更年期障害といいます。

 

青汁

更年期の頭痛、めまい、貧血、いらいらなどの症状が現れ、つらい気分の時に、青汁がおすすめです。

 

青汁は、ホルモンのバランスをコントロールしてくれ、飲み続けることで効果が期待できます。うつ状態の方にもおすすめです。自然食品ですので、体に副作用もありません。

 

 

野菜

野菜嫌いを解消し、貧血や便秘を防止するという青汁は、自分の力では摂取できない色んな野菜の栄養素がバランス良く入っています。

 

大麦若葉、ケール、ブロッコリー、ホウレンソウ、セロリ、シソ、キャベツ、ヨモギなど、メーカーによって違った緑黄色野菜を原材料としてブレンドしてあります。

 

近頃の青汁は、味も改良されていて、とても飲みやすいので、食卓に添える意味でいかがでしょうか。

 

酵素について~青汁の成分~

・酵素

 

活性酵素を無毒化する作用があります。

 

・クロロフィル

身体の組織内が傷つくのを防ぐ殺菌や消臭効力があります。また、腸の腐敗物質を排出する作用があります。

 

・ビタミンC

免疫力を高めて、皮膚トラブルから防ぎます。

 

・ビタミンE

細胞の老化を防ぎ、冷え性や更年期の症状に効果があります。そのほか、カルシウムやミネラル、食物繊維が含まれていて、抗酸化作用があり、アンチエイジングには、適した食材といえます。

 

また、匂いや苦味が気になる人には錠剤も発売されているので、気軽に飲んで頂けます。

 

 

尿トラブルを解決するにはペポカボチャの種子!更年期障害の緩和

 

<尿トラブル> 

女性の更年期の症状の出方は、それぞれですが、日常生活に支障をきたすほどの人もいます。

特に、女性ホルモン分泌の減少にともなう筋肉の衰えは、尿漏れや頻尿などの尿トラブルを起こすのですが、他人に相談しにくくて、深刻な問題です。

 

<ペポカボチャの種子> 

軽症の尿のトラブルを解決するには、ドイツで評価されているペポカボチャの種子を紹介します。

 

ペポカボチャは欧米では栄養価の高い野菜で、果肉は食用、種子が薬用としてオイルを抽出して、更年期の排尿障害などの予防や治療に、ヨーロッパでは、昔から医薬品として使用されてきました。

 

種子の成分には、たんぱく質、脂肪酸、βカロチン、ビタミンE、ミネラル、植物ステロールなど、実に豊富な生理活性成分が含まれています。

 

ペポカボチャは、骨盤底筋群や括約筋を強くしたり、膀胱の尿をためる力を高めたり、神経やホルモンの作用を正常化するなどの働きをして、症状を改善するといわれています。

 

女性は加齢や出産などにより尿道を引き締めが弱くなるため、くしゃみやスポーツでお腹に力を入れた時、尿が漏れてしまうという場合が多くなります。

 

 

<体操> 

下垂感や違和感があるという軽い症状なら、ペポカボチャの種子エキスと簡単にできる骨盤底筋体操を併用してみてはいかがですか。

 

また、基本的に体を冷やす食べ物は、頻尿や尿漏れを悪化させる可能性があるので、南方系果物や夏野菜などの陰性食物は避けるように注意しましょう。

 

(Photo by http://www.igosso.net/se.cgi?q=%E9%81%8B%E5%8B%95&p=2)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

更年期に関する記事

更年期に化粧品の癒し効果!『メイクセラピー』とは?更年期の糖尿病はどうしたらいい?

 「メイクセラピー」という言葉をご存知ですか? 化粧品は見られたい自分になる...

気になるシミの原因は「更年期」以外にあった!?更年期に起こる自律神経失調症状の対処法

年齢を重ねていくにつれてシミが目立つようになるのは、誰にでも起こりうることで...


更年期高血圧症の予防方法5つ!ホルモン療法ってどんなもの?早発閉経でも妊娠が可能に・・・!?

過去の妊娠期の『高血圧症』の有無が、更年期の『腎障害』に繋がるといわれていま...

更年期に起こるさまざまな症状と対処法!いびきとの関係は?

更年期の症状としてはあまり聞かないかもしれませんが、「足がだるい」と訴える人...

カラダノートひろば

更年期の関連カテゴリ

更年期の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る