カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. ヘルパンギーナ >
  6. ヘルパンギーナの原因について~ウイルスの性質を知ろう!

育児・子供の病気

ヘルパンギーナの原因について~ウイルスの性質を知ろう!

ヘルパンギーナは、ウイルスが原因の病気です。どんなウイルスかを知り、感染予防に役立ててください。

 

主な原因ウイルス

ほとんどのヘルパンギーナは、エンテロウイルスというウイルス群に属するウイルスが原因で起こります。中でもコクサッキーウイルス(A群)が主です。

コクサッキーウイルス以外にも、ヘルパンギーナの原因になるエンテロウイルス属のウイルスはいくつかあります。そのため、1度感染してもほかの型のウイルスに再度感染し、ヘルパンギーナを何度も発症する可能性があります。

 

ウイルスの特徴

エンテロウイルスの概要・特徴を挙げます。

 

◆感染経路

飛沫感染、または経口感染です。くしゃみ、唾液や鼻水に触れる、糞便または糞便を触った手に触れるなどして感染します。

 

◆増殖

エンテロウイルスは腸管ウイルスです。ウイルスは腸管で増殖し、体内に侵入します。腸管ウイルスの特徴は、糞便中にウイルスが排出される点、ウイルスが完全に排除されるまで時間がかかる点です。そのため、ヘルパンギーナの症状が治まった後も2~3週間は糞便中にウイルスが排出され、感染源になります。

 

◆流行

暖かい時期に流行します。日本では5月ごろから感染が増え始め、6~7月でピークに達します。熱帯など暑い地域は、年間を通じて感染のリスクがあります。

 

◆症状

エンテロウイルスは、さまざまな症状を引き起こします。口腔内の水疱疹が代表的で、その中でもヘルパンギーナが最も多い病気です。手足口病も、同じくエンテロウイルスが原因です。

まれに、無菌性髄膜炎や急性心筋炎など重篤な合併症を起こすこともあり、発熱以外に嘔吐や頭痛がある場合は要注意です。

 

消毒薬に高い抵抗性をもち、感染力が強いエンテロウイルス。その性質をふまえた予防策をとりましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/29-349557.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ヘルパンギーナに関する記事

幼児がかかるヘルパンギーナ…大人も注意!大人がエンテロウイルスに感染すると重症化する?!

ヘルパンギーナは別名夏かぜと呼ばれる、幼児期をはじめとして子供がかかりやすい夏...

夏にかかりやすい病気!乳幼児の間で流行する「ヘルパンギーナ」

  夏になると、こどもがかかりやすいウィルス性の感染症が増えてきます。   「ヘ...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

ヘルパンギーナの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る