カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. PMS・PMDD >
  5. むくみ >
  6. むくみ解消とともに、つらいPMSを撃退する方法!漢方薬の「当帰芍薬散料」が効く!?

女性のカラダの悩み

むくみ解消とともに、つらいPMSを撃退する方法!漢方薬の「当帰芍薬散料」が効く!?

PMSが重症な人は、本当に症状が重たいです。特に20代後半から、PMSの症状が重症化することが多いのではないでしょうか。
ただでさえ、重たいPMSの症状があるのに、むくみが発生して、鏡に映った自分の姿を見てます、気分が落ち込んでしまう場合もあるかもしれません。

 

むくみを解消することはPMSを緩和させることとほぼ一致する!

生理前に女性ホルモンであるプロゲステロンが上昇することでむくみが発生します。
また、同じく女性ホルモンであるエストロゲンはこの時期減少します。
このホルモンの急激な変化や、ホルモンバランスの乱れによって、PMSが発生して、様々な体調不良や、気分の落ち込みなどをかかえることとなります。

人によっては、仕事も家事もできないほど重症な症状となりますが、この症状があるからといって、休むことを許されない環境に現代の女性は生きています。

 

漢方薬の「当帰芍薬散料」が効く!

むくみや、PMSに効く漢方薬があります。一番合致するのはおそらく、当帰芍薬散料でしょう。
当帰芍薬散料の効能は、「冷え症で貧血の傾向があり、ときに軽いめまいや動悸を自覚し、月経不順や月経時に体調に異常がある人の全身のむくみに効く」とあります。
もちろん体質によっては、他の漢方薬の方が適合する場合もあります。
何の漢方薬が一番体質に合っているかを的確に見抜く医師が中にはいますので、そういう腕のいい医師を探すのがよいかもしれません。

むくみだけでなく、他のPMSのつらい症状を相談することも可能です。

 

心身のアンバランスに「ヨガ」が効く!

運動をすると、疲れが残ってどうも苦手という人にはヨガがおすすめです。
呼吸を通じて、身体や心のバランスを模索していくというスタイルの運動です。
ポーズをとることをイメージされる方もいるかもしれませんが、ポーズは実は重要ではなく、深い呼吸をすることが一番大切で、その日の体調に合わせてポーズを段階的に決めることができます。
激しい動きもなく、手軽に始められるわりに、何か月か続けると確実にPMSが軽減されます。デトックス効果もありますので、むくみ解消にはおススメです。

 

むくみやPMSの症状が重たければ、なんでも試してみたい心境であると思います。
漢方薬の服用や、ヨガは効果がありますので是非試してみてください。

 

(Photo by:足成

著者: かとりーなさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

むくみに関する記事

生理前のむくみを軽減する方法とは?試してみよう!生活のなかで取り組みやすいものをはこれ!

生理前にはどうしてもむくんでしまいがちです。このむくみを少しでも解消させるに...

生理前のむくみ、どうして起こるの?むくみを増長させないようにこれに気をつけて!

生理前にむくんでしまうことがあります。人によっては体重が2、3キロ変動するこ...

カラダノートひろば

むくみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る