カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. 子どもだって肩こりになるんです!あなたのお子さん、実は肩こりではありませんか?

育児

子どもだって肩こりになるんです!あなたのお子さん、実は肩こりではありませんか?

自分のお子さんが、肩こりを訴えていたりしませんか?まだ子どもで肩こりなんて…と思っていないでしょうか?

近年増えていると言われている子どもの肩こりは、大人のそれとは違って、「子どもの訴え」だけにとどめられやすく、さらに、場合によっては体の歪みから、成長障害にもつながりかねない、重要なことです。

 

子どもの肩こりチェック

もし子どもが「肩が痛い」と言って来たり、肩をこっているような仕草をしているのならば、親御さんは気を付けてみてあげましょう。

その上で、以下のような事項が、わが子にあてはまらないかチェックしてください。

☐ゲームや勉強など、同じ姿勢を続けることが多い

☐体を動かすことが少ない

☐食生活が偏っている

☐肥満気味である

☐机に向かって座っている姿を見た時、まっすぐになっていない

☐立った時に左右の肩の高さが違う

☐猫背で姿勢が悪い

☐O脚あるいは、X脚だ

☐肩こりを気にするような仕草(首をまわす・肩をさするなど)をする

これらのような症状が見られる場合、子どもでも肩こりになっている可能性が十分にあります。

特に肩こりのような、一部分の筋肉の過緊張は、体を動かすことで解消される面が大きく、子どもでは特にそれが顕著なのですが、体を動かさない子どもの場合、それによって解消される機会がなく、肩こりの状態が体に固定されやすいのです。

 

すでに肩こりの症状があったらどうすればいいの?

肩こりの症状があるときに、子どもにおいて一番怖いのが、体のバランスの崩れです。

そのため、特に肩こりから体のバランスの崩れが見られる場合、その改善を目指しましょう。

バランスの崩れを正すのは、できるだけ姿勢の悪さを正すことから始めます。ただ、子どもの場合、「姿勢をよくしなさい」と言ったところで、姿勢をよくするのはほんの一瞬です。

 

ですから、子どもの体の回復力を使う方が賢明です。子どもは大人よりも柔軟で、運動や遊びなどで体を動かすようにすれば、自然と体の歪みも、肩こりも解消できます。

ただ、歪みがひどくなっている場合や、姿勢の悪さが定着している場合には、自然回復力だけで体を元に戻すのは困難な場合もあります。その場合には、きちんと病院で治していきましょう。

 

肩こりにならないためには、チェック項目のような生活習慣にならないよう気を付けるのと、できるだけ早い段階で、姿勢の良い状態をキープさせることが大切です。

姿勢の悪さや体の歪みが進んでからでは、子どももそれを治すのに苦労しますから、親御さんがあらかじめ気を付けてあげられるとよいですね。

 

(Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ホームケアに関する記事

子どもが風邪をひいた!咳のとき処方されるさまざまな薬について

  子どもが風邪をひいたときは、特に重症でなければ薬を処方してもらい経過を観察...

胃液により食道が炎症!?乳児の胃食道逆流

赤ちゃんの胃と食道をつなぐ部分はまだまだ未熟です。飲んだものが胃と食道をいった...

ホームケアの体験談

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

鼻が詰まってねむれない赤ちゃん

娘が風邪をひきました。特に鼻づまりが酷いみたいでつらそうです。 赤ちゃんの鼻風邪、自分で鼻水出せな...

カラダノートひろば

ホームケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る