カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 肩こり >
  5. 子どもだって肩こりになるんです!あなたのお子さん、実は肩こりではありませんか?

育児・子供の病気

子どもだって肩こりになるんです!あなたのお子さん、実は肩こりではありませんか?

自分のお子さんが、肩こりを訴えていたりしませんか?まだ子どもで肩こりなんて…と思っていないでしょうか?

近年増えていると言われている子どもの肩こりは、大人のそれとは違って、「子どもの訴え」だけにとどめられやすく、さらに、場合によっては体の歪みから、成長障害にもつながりかねない、重要なことです。

 

子どもの肩こりチェック

もし子どもが「肩が痛い」と言って来たり、肩をこっているような仕草をしているのならば、親御さんは気を付けてみてあげましょう。

その上で、以下のような事項が、わが子にあてはまらないかチェックしてください。

☐ゲームや勉強など、同じ姿勢を続けることが多い

☐体を動かすことが少ない

☐食生活が偏っている

☐肥満気味である

☐机に向かって座っている姿を見た時、まっすぐになっていない

☐立った時に左右の肩の高さが違う

☐猫背で姿勢が悪い

☐O脚あるいは、X脚だ

☐肩こりを気にするような仕草(首をまわす・肩をさするなど)をする

これらのような症状が見られる場合、子どもでも肩こりになっている可能性が十分にあります。

特に肩こりのような、一部分の筋肉の過緊張は、体を動かすことで解消される面が大きく、子どもでは特にそれが顕著なのですが、体を動かさない子どもの場合、それによって解消される機会がなく、肩こりの状態が体に固定されやすいのです。

 

すでに肩こりの症状があったらどうすればいいの?

肩こりの症状があるときに、子どもにおいて一番怖いのが、体のバランスの崩れです。

そのため、特に肩こりから体のバランスの崩れが見られる場合、その改善を目指しましょう。

バランスの崩れを正すのは、できるだけ姿勢の悪さを正すことから始めます。ただ、子どもの場合、「姿勢をよくしなさい」と言ったところで、姿勢をよくするのはほんの一瞬です。

 

ですから、子どもの体の回復力を使う方が賢明です。子どもは大人よりも柔軟で、運動や遊びなどで体を動かすようにすれば、自然と体の歪みも、肩こりも解消できます。

ただ、歪みがひどくなっている場合や、姿勢の悪さが定着している場合には、自然回復力だけで体を元に戻すのは困難な場合もあります。その場合には、きちんと病院で治していきましょう。

 

肩こりにならないためには、チェック項目のような生活習慣にならないよう気を付けるのと、できるだけ早い段階で、姿勢の良い状態をキープさせることが大切です。

姿勢の悪さや体の歪みが進んでからでは、子どももそれを治すのに苦労しますから、親御さんがあらかじめ気を付けてあげられるとよいですね。

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肩こりに関する記事

えっ?!子供でも肩こりが起きるの?どうしたら防げる?肩こり予防策

  肩こりは大人だけに起こりがちの症状かと思われるかもしれませんが、今や小学生...

増加する子どもの肩こり…どんな子が肩こりになる?知っておきたい肩こりの影響

肩こりというのは大人のものというイメージがあるかもしれません。ですが、子どもに...

ホームケアの体験談

いきなりの下痢

混合育児をしていました。4ヶ月に入ったときにいきなり下痢が始まって戸惑いました。薬も飲んでくれなくて...

赤ちゃんの爪きり☆

動き回る赤ちゃんの爪きりは難しい! 寝ている間に切ろうとしても途中で起きてしまって四苦八苦。 現...

カラダノートひろば

肩こりの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る