カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 膣カンジダ症 >
  6. ウォシュレットを使い過ぎるとカンジダ膣炎になってしまうってホント?!

女性のカラダの悩み

ウォシュレットを使い過ぎるとカンジダ膣炎になってしまうってホント?!

 ウォシュレットでトイレに行くたびに膣を洗浄していると、カンジダ膣炎などの病気にかかってしまうことがあります。当てはまる人は注意してみてください。
これだけ普及したウォシュレットには実は落とし穴があるのです。

 

ウォシュレットで膣の自浄作用を担う善玉菌を洗いながしてしまう

トイレに行くときに、清潔を保とうと毎回、膣を洗浄している人も多いと思います。これは、度が過ぎると、全くの逆効果になってしまうことがあります。
膣には自浄作用があって、この自浄作用を保っているのがデーデルライン乳酸菌という常在菌です。身体にとっていい役割を担っているので、善玉菌ともいえます。
ウォシュレットを使い過ぎると、このデーデルライン乳酸菌を洗い落してしまう危険性があります。

デーデルライン乳酸菌は、膣内のpHを酸性に保っています。膣が酸性に保たれることで、様々な雑菌や病原菌が膣内に侵入することを防いでます。
デーデルライン乳酸菌がウォシュレットで洗い流されると、膣内で雑菌や病原菌が増殖します。
この段階で、細菌性膣炎になってしまいます。細菌性膣炎の患者は近年増えているようなので、もしかしたら、ウォシュレットの普及が多少なりとも関連しているかもしれません。

 

カンジダ膣炎とは

カンジダ菌はかびの一種で、日常生活のいたるところに存在します。
したがって、ウォシュレットを使い過ぎて、デーデルライン乳酸菌を洗い流してしまって膣内にデーデルライン乳酸菌が少ない状態の時に、カンジダ菌が増殖してしまい、カンジダ膣炎になってしまうおそれがあります。
カンジダ膣炎と聞くと、性病を思い浮かべますが、性行為以外でも感染する機会が多い病気です。


また、ウォシュレットのノズルや便器内を清潔に保っておかなければ、膣に対して、直接、雑菌や病原菌を送り込んでしまうことになりかねません。
自宅のトイレであれば、自分でトイレの清潔を保つことはある程度可能ですが、不特定多数が使用する機会のある公衆のトイレでのウォシュレットの使用は危険ですので
避けましょう。

 

(Photo by://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC&srt=dlrank  ) 

著者: かとりーなさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膣カンジダ症に関する記事

SEXだけが原因ではない!免疫力の低下で感染「カンジダ膣炎」

      妊娠や風邪など免疫力の低下で発症する女性の病気「カンジダ膣炎」は性...

人から感染するとは限らない!性器カンジダ症

    - 性器カンジダ症 -      「性器カンジダ症」は女性特有の性感染症...


油断は禁物!女性の多くがかかるといわれる膣カンジダ症とは?

全ての女性が発症する可能性があり、一生のうちに多くの女性が発病することがある...

間違えやすい!?膣カンジダと似た疾患との比較

 かゆくない、オリモノが少ないケースもある!?膣カンジダ症はかゆみやオリモノ...

カラダノートひろば

膣カンジダ症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る