カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. 難治HER2陽性乳がん治療『ハーセプチン投与』による効果とは?

女性のカラダの悩み

難治HER2陽性乳がん治療『ハーセプチン投与』による効果とは?

『HER2蛋白』が正常細胞の何千倍もの多さで、細胞表面上に過剰に存在しているがんを、『HER2陽性乳がん』と言い、難治性であり、乳がん全体の約20%を占めると言われています。

この種の乳がんに有効であり、現在国内で保険適用となっている化学療法に『ハーセプチン(トラスツズマブ)』があります。

ハーセプチンの登場で、これまで完全奏効が難しかったHER2陽性乳がん治癒率が劇的に改善され、3cm以下の乳がん縮小が適用条件である『乳房温存療法』も選択できるようになったと言われています。

以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

『ハーセプチン』の詳細について

<ハーセプチンとは?>

ハーセプチンとは、HER2蛋白に特異的に結合する事で抗腫瘍効果を発揮する、乳がん・胃がんに対する抗がん剤です。癌の増殖などに関係する、特定の分子を狙い撃ちする分子標的治療薬の一種です。日本では、2001年にHER2陽性の転移性乳がんの治療薬として承認され、2008年からは再発防止のための、術後補助療法にも使えるようになりました。過去には、予後が悪く転移しやすいといわれていたHER2陽性乳がんですが、術後にハーセプチンを使うようになり、最近では再発率が低くなっていると言われています。

 

<ハーセプチンの適用となるには?>

ハーセプチンの治療は、『HER2検査』を行い『HER2陽性乳がん』と判定されることで適用となります。1)IHC法、2)FISH法の2種類の方法でHER2タンパクの量を調べ、細胞表面上に過剰に存在しているかどうかを調べます。

結果は、【0、1+、2+、3+】の4段階に分類され、「3+」であれば「HER2タンパクの過剰発現があり」の判定となります。「0」「1+」の場合はHER2陰性の判定となります。(※過剰に存在・・・正常細胞の1,000~1万倍のHER2タンパクが存在)。

 

<作用機序について>

ハーセプチンは、がん細胞の表面にあるHER2蛋白を標的とし、がん細胞の増殖を抑える働きがあります。ハーセプチンがHER2タンパクと結合することで、増殖のシグナルが出て行くのをブロックします。

 

<実際の治療スケジュール>

1)アントラサイクリン系抗がん剤の投与を3週ごと×4サイクル行う(計3カ月)。

2)ハーセプチン+タキサン系抗がん剤の併用投与を、3週ごと×4サイクル行う(計3カ月)。

 

⇒ハーセプチンの点滴時間は、初回90分の投与が行われ、問題がなければ2回目以降30分まで短縮可能。

 

『ハーセプチン』の有効性とは?

<病理奏効性は40%以上>

ハーセプチンの術前療法を行うことで、『病理学的完全奏効(pCR)=がん細胞の完全消失』率が増加することが明らかになっています。アメリカのMDアンダーソンがんセンターにおける臨床試験では、以下のような結果となりました。

 

◆従来の術前療法単独群(アンスラサイクリン系、タキサン系抗がん剤)と、ハーセプチン併用群による比較試験

中間解析の段階で、病理学的完全奏効率が、ハーセプチン併用群⇒65.2%、従来の化学療法群⇒26.3%と大差がつく結果となった。

 

◆日本国内のハーセプチン臨床試験(医師主導治験)

術前療法において、病理学的完全奏効率は46.3%と有用な結果が認められた。

 

最後に 

また、上記の臨床試験の結果に加え、国内のハーセプチン術前療法による試験では3cm以下へのがん細胞の縮小効果が認められ、70%以上の乳がん患者さんが乳房温存術を受けることが可能となったといわれています。さらに術前化学療法が有効であること=10年間再発が起こりにくいことを示唆している可能性が高く、一定の安堵感を得られるという点においても術前療法にはメリットがあると言われています。 

(Photo by://pixabay.com/

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

乳房のセルフチェックは大切!この胸のしこりは大丈夫?~乳腺のう胞について~

乳房のセルフチェックはとても大切なことです。もし、自分自身の胸にしこりが見つか...

女性なら、乳がんの基本的症状、治療方法を知っておこう

女性にとって乳房は女性のシンボルとしても非常に重要な存在です。そんな乳房の病...


若い方と授乳中の方には乳腺エコーがおすすめな理由とは?

  今や日本人助成の20人に1人がかかるとも言われているのが乳がんです。 2...

そのしこりは良性腫瘍?どうやって調べる?

  乳がんといった悪性腫瘍は、早期に発見して治療することが重要です。 早期に...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る