カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 敏感肌 >
  5. 敏感肌にはどう対応したらいい?デトックスをして敏感肌から脱却しよう

美容・ダイエット

敏感肌にはどう対応したらいい?デトックスをして敏感肌から脱却しよう

ありとあらゆる刺激に対して過敏に反応してしまう敏感肌。

化粧品も使えるものが限られてしまって、どう対策してよいかわからないという人は結構存在することと思います。
デトックスによって、体内に存在する余分な毒素を排出することを心がけてみましょう。

身体の内部に蓄積された毒素が肌に刺激を?!

一般的に、敏感肌は肌のバリア機能が失われ、外部からの刺激に過剰に皮膚が反応してしまうことをいいます。

必ずしも、外部からの刺激に限定されるわけではなく、身体の内部に蓄積された毒素によって皮膚に炎症が起きる場合があります。

例えば、紫外線と放射線はどちらも肌トラブルや肌の老化を招く要因となります。

 

紫外線による肌への刺激

ただ、紫外線は波長が長く、身体の深部まで到達しないと言われています。したがって、紫外線をカットする化粧品などを皮膚に塗っておけば、ある程度、紫外線から受ける刺激は防ぐことができます。

 

放射線による肌への刺激

しかし、放射性物質を含んだ食品を体内に吸収すると、身体の内部から、放射線が発せられることとなります。

紫外線と同様に放射線を浴びると、体表面を覆う皮膚に炎症が起きます。ですから、摂取してしまったら、放射性物質はできるだけ排出するようにしなければなりません。

もちろん最初から摂取しないように気をつけることが最大の防御となります。

同様に、重金属を体内に蓄積していても、皮膚の炎症の原因になります。石油系の活性剤も、皮膚に悪影響を与えます。

 

完全にこれらの、毒素を排出することは難しいですが、できるだけデトックスをすることは可能です。

デトックスを簡単に行うことができる方法を挙げます。

・汗をかくこと

・水分をたくさんとって、排尿や排便の回数を上げること

・食物繊維を多く摂ること

 

新陳代謝を活性化させることが一番のデトックス方法です。

軽い運動をすることもいいですし、お風呂を利用して、たくさん発汗することも

日常の中に取り込めます。

腸に蓄積された毒物を排出するのに食物繊維を多く摂取することは欠かせません。

 

難しいようで、実は簡単な、デトックスの方法を是非生活の中にとりこんでみてください。

 

(Photo by://www.photo-ac.com/main/search?q=%E8%82%8C&srt=dlrank )

著者: かとりーなさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

敏感肌に関する記事

大人と同じケアは禁物!乳幼児の敏感肌のためのボディケアとは

  乳幼児の敏感肌ボディケア     乳幼児は敏感肌であることが多い...

植物性、無添加、敏感肌用は本当にいいの?敏感肌のスキンケア

  ちょっとした刺激で赤みやかゆみ、ピリピリ感の現れる肌。そんな敏感肌はど...


気になる【小鼻の周りの赤み】

気になる【小鼻の周りの赤み】■皮脂をしっかり落とす小鼻は、顔の中でも皮脂の分泌が...

セラミドやビタミンAなど…体の中から乾燥肌を改善する栄養&成分まとめ

  冬の時期は特に、空気の乾燥とともに肌の乾燥も問題になります。乾燥肌は角質層...

カラダノートひろば

敏感肌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る