カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. PMS・PMDD >
  5. 足・股関節 >
  6. 生理前に足をつりやすい…これってPMSの症状?足つり防止対策はこれだ!

女性のカラダの悩み

生理前に足をつりやすい…これってPMSの症状?足つり防止対策はこれだ!

「生理前、生理中に足やふくらはぎがつりやすくなる」という経験はありませんか?実はそれはホルモンのせいかもしれません。女性ホルモンは一定の周期で変動し、変動によってさまざまな影響がもたらされます。足がつりやすくなる原因と対策・改善方法などをまとめました。

 

足をつりやすいのもPMSの一症状?

PMS(月経前症候群)のときは、女性ホルモンであるプロゲステロンの値が上昇し、同じく女性ホルモンであるエストロゲンの値が低下します。

この二種類のホルモンのアンバランスから、女性は様々な体調不良になってしまいますが、足が痛い、足をつるなどの症状がPMSであるといえるのでしょうか?

 

PMSの時期、プロゲステロンの働きにより、身体は水分や栄養分を貯めこもうとします。

 

このため、この時期の女性の身体は血行がよくない状態であるといえます。末梢まで、血液が栄養素を伝播していない状況であるのです。

 

足をつるのを防止する成分とは?

よく、薬局などで、足をつりやすい人は薬剤師に相談してください、とポスターなどが貼られているのを見かけます。

それで、そのことについて相談すると、どうやらマグネシウムのサプリメントを勧められるようです。

 

マグネシウムを積極的に取り入れ、悪くなってしまっている血行を改善させれば、効果がありそうですよね。

 

マグネシウムを摂取しても、結局足の指先までにその成分が血流によって伝播されなければ、効果を感じることは、PMSの状況であれば難しいと思います。

 

またPMSの時期はむくみやすい時期であることから、普段履いている靴がきつく感じることがあると思います。この靴の締め付けによって、足が痛いと感じる人もいるでしょう。

こういう時は、あまりヒールの高い靴は履かないで、履いていて楽なものを選びましょう。

 

血行不良や、むくみを解消するには?

食生活に偏りがないか・運動不足ではないか、チェックしてみることが必要です。

むくんでいるときに、塩分の摂りすぎであれば、それは症状を悪化させることになります。

運動をすれば血行不良は軽減されます。しかし、PMSで、気分が滅入っていて、無気力である場合など運動をするのがおっくうなときは無理せず、生理が終わりかけの頃から運動をする習慣をつけるとよいでしょう。

 

PMSの時期は、なにごともゆったりする選択肢を選びましょう! 

(Photo by:足成 ) 

著者: かとりーなさん

本記事は、2016-10-12掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足・股関節に関する記事

PMSの時に起きる関節の痛み…その原因は女性ホルモンのアンバランス以外にもある!?

PMSの時に足や関節をはじめとして、様々な箇所に痛みを感じてしまうことがありま...

カラダノートひろば

足・股関節の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る