カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. スイーツ・間食 >
  6. 美肌効果も?!ダイエット中のおかしにはマシュマロを食べよう!

美容・ダイエット

美肌効果も?!ダイエット中のおかしにはマシュマロを食べよう!

ふわふわでほんのり甘いマシュマロ。お菓子ではありますが、ケーキやチョコレートに比べるとカロリーは低めであり、ダイエット中にちょっとつまむのに適しているかもしれません。さらにマシュマロには、美肌効果もあるのでは?と言われています。

 

■マシュマロの成分 

マシュマロが何でできているのかというと、ゼラチン、卵白、砂糖、コーンスターチなどです。カロリーは10個で約120kcalほどです。たくさん量を食べなければ、それほどカロリーは気になりません。

 

かさが多いため、満足感を得やすいとも言われています。成分のうちゼラチンは、体内で分解されると「コラーゲン」になります。


■コラーゲンでアンチエイジング

コラーゲンはお肌の弾力をつくる元になったり、髪や爪などを強くつやのあるものにするという効果があります。骨の材料にも使われるため、コラーゲンを多く取ると骨が丈夫になったり、背が伸びやすくなるといった話もあります。

 

しかし、このような効果があらわれるためには、カルシウムやビタミン、たんぱく質なども十分に摂取する必要があります。コラーゲンはこれらと結びついて働くことで、美肌効果などを発揮できるのです。

 

また、糖質をとりすぎてしまうと、せっかくのコラーゲンが糖と結びつき、体に害のある物質へと変質してしまいます。これを「糖化」といい、体を老化させる原因になることで知られています。

 

マシュマロの嬉しい効果を得るためには、これらの注意点も忘れないようにしたいところです。

 

ダイエットに向いているお菓子であるマシュマロですが、甘いものが食べたくなったら、少しつまむぐらいにしておくのがよいでしょう。さらに、栄養バランスの良い食事をとることで、美肌や美髪効果が得られるということですので、食生活にも気を遣うようにするとよいでしょう。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

スイーツ・間食に関する記事

ダイエットクッキーはいつ食べる?

おからクッキーや豆乳クッキー・小麦全粒粉のビスケットなどのダイエットクッキー。 ...

ダイエットのときの間食の極意とは?

  ダイエットといえば、できるだけ食べる量を減らして、合計の摂取カロリーを...


ダイエット中のおやつはナッツとドライフルーツで決まり!そのワケとは

女性にとって永遠のテーマ、「ダイエット」。 食事制限をして間食を我慢したり、つ...

腹持ちが良いものがいい?ダイエット中の間食のコツとは

    ダイエットをする上で気をつけなければならないのは、間食の誘惑にいかに負...

カラダノートひろば

スイーツ・間食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る