カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. 運動にはデメリットもある?!激しい運動は老化を招く悪習慣となる場合も!

健康診断・健康管理

運動にはデメリットもある?!激しい運動は老化を招く悪習慣となる場合も!

若さを保つための健康づくりといって、まず思い浮かぶのが「運動」です。運動はダイエットや体力作り、筋力アップなどさまざまなメリットをもたらします。しかし、運動の仕方によってはかえって身体にダメージを与え、老化を招いてしまう可能性もあります。その鍵となるのが「活性酸素」です。

 

■激しい運動は活性酸素を増やす 

活性酸素という言葉を、一度は耳にしたことがある人も多いでしょう。身体をさびつかせて、老化を促進させることで有名ですね。活性酸素は酸素が変化してできるため、体内に余分な酸素があれば活性酸素が多く発生してしまいます。人は運動をすると心拍数もあがり呼吸回数も多くなります。身体を大きく動かすにはたくさんの酸素を体内に取り入れる必要があるからです。普段運動の習慣が無い人が急に激しい運動を始めると、処理能力を上回る活性酸素が大量発生してしまい、体を老化へと導いてしまうことがあります


■軽い運動から始めると処理能力もアップする

それなら老化を防ぐには、運動をしないほうがいいのかと言えばそうではありません。運動不足になると、それはそれで別の弊害が出てきます。筋力が弱ったり心肺能力が衰えたりと、老化の一途をたどることになるかもしれません。ではどうすればいいのかというと、軽い運動から始めて徐々に体を慣らしていくのがよいでしょう。体はもともと、活性酸素が害を与える前に処理するというシステムが備わっています。運動をすると活性酸素がたくさんできますが、これを処理する能力も同時にアップするようにできています。急に激しい運動をすると、処理能力を上回ってしまうこともありますが、徐々に慣らして行けば次第に処理能力もアップしていきますので、少々の運動をしたぐらいでは全く問題ない体になっていくことでしょう。


まずは、焦らずウォーキングやサイクリングなどの軽めの運動から始めるとよいでしょう。細く長く続けることが、アンチエイジングへと繋がっていくでしょう。

 

(Photo by:足成

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動に関する記事

インターバル速歩で、通勤・帰宅時の運動量アップ!

  速歩きとゆっくり歩きを数分間で交互に繰り返す「インターバル速歩」。 これが...

できることから運動を始めよう!

    仕事が忙しい人や運動習慣がない人は、運動と言われてもなかなか腰が...


アメリカで人気の吸玉療法とは?

     アメリカのアスリートの間で吸玉療法が流行しています。 カッピ...

生活の質に直結する病気?40歳からはサルコペニアに気をつけろ!

  サルコペニアは筋肉量が低下、筋力が低下することによって生活の質に影響を及ぼす...

カラダノートひろば

運動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る