カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 対処法 >
  5. グッズ >
  6. 1週間試してみよう☆ドライヤーで冷房病対策!ドライヤーで背中に温風を当てるだけ

女性のカラダの悩み

1週間試してみよう☆ドライヤーで冷房病対策!ドライヤーで背中に温風を当てるだけ

    

冷えのひとつの症状である冷房病は、症状が軽いうちであれば、まだ家で対策をすることができます。症状が軽いうちというのは、冷えがまだ手先や足先などの末端にとどまっているときで、症状が進行すると、末端の冷えが全身に進行していきます。

 

ドライヤーで冷房病対策

ドライヤーを使って冷えに対策すると言っても、ドライヤーで冷えている部分を温めるということではありません。

ドライヤーで冷房病に対策する方法というのは、ドライヤーの温風を背中に当てるというものです。自分で行うのは少し難しいので、誰かにやってもらいましょう。

 

1.できれば上半身裸になります。

2.うなじから背中の中央くらいまで、背骨を中心にしてドライヤーの温風をよく当てます。

3.ドライヤーは背骨を中心に皮膚にあて、その周辺の皮膚を手でこするようにして刺激してあげます。

 

時間にすると3~4分間で、温風を当てているとその部分が赤くなります。やけどをしてしまうほど近くで当てるのはよくありませんが、皮膚が赤くなるくらいであれば大丈夫です。

これを1日当たり1、2回ほど、1週間続けてみて下さい。

 

なんで効果があるの?

冷房病の原因は、寒暖の差が大きいことによって、自律神経がそれについていけなくなり、バランスが乱れることになります。つまり自律神経が失調した状態になってしまうのです。このドライヤーを背中に当てる方法は、この自律神経の失調を戻してくれる効果が期待できます。

実はこのうなじから背中中央の部分というのは、自律神経を整え、全身の血行をよくし、体を温めるツボがあるのです。ツボを刺激する方法のひとつにお灸がありますが、このドライヤーで温める方法はまさにお灸と同じ効果なのです。

 

 

軽症の場合もそうですが、重症の冷房病の場合は特に、他の冷房病を発症させる原因となっている生活習慣も、一緒に改善していく必要があります。その上でドライヤーのこの方法を重ねて行えば、数日で効果を実感できるでしょう。

 

 

 

 

(Photo by: //pixabay.com/)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

グッズに関する記事

内臓型冷え性予防のために知っておきたい、夏場のクーラーとの付き合い方

内臓型冷え性では内臓が冷え、その影響でお腹を触るとひんやり冷たいのが特徴です...

冷え性の女性にオススメ!オフィスで簡単にできる♪夏の冷え対策

よく冷え対策に、足下へ段ボールを置く・膝掛けをする・・・などという意見を聞きま...


末端が特に冷えちゃう…足の冷え性がひどい女性におすすめの足湯の入り方♪

冬の女性の悩みと言えば、やはり冷えに関するものです。気温が低いことから1年で一...

内臓型冷え性を改善するには"熱い→冷たい"を交互に繰り返す入浴が効果アリなんです!

冷え性の中でも、外側ではなく体の内側が冷えていることが問題なのが、内臓型冷え性...

カラダノートひろば

グッズの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る