カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 基礎知識 >
  5. 夏の暑さ・寒さだけじゃない!夏には自律神経を乱す要因がたくさんあって冷房病になりやすい!

女性のカラダの悩み

夏の暑さ・寒さだけじゃない!夏には自律神経を乱す要因がたくさんあって冷房病になりやすい!

    

夏は自律神経が乱れやすい季節です。自律神経は人が生きるペースを刻んでくれているもので、心臓が規則正しく動くのも、暑いときに汗腺が働くのも、食べたものを消化するのも、自律神経がコントロールしてくれています。人の神経には、自律神経の他に体性神経があり、体性神経は、自分の意思や意識に伴って働く神経で、自律神経は自分の意思や意識で働かせることができない神経です。

 

自律神経が乱れるということは大変なこと

上記の自律神経の説明で、「自律神経が乱れる」ということが、体にどれほどの負担になるか、想像ができると思います。しかし、夏はこの自律神経が乱れやすい季節なのです。最も良く知られているのは、冷房病です。

 

夏の暑さ・寒さが自律神経を乱す

人は暑ければ汗をかいて体温を下げ、寒ければ血管を収縮させて熱の放出を抑えます。この働きは自律神経によるものなのですが、夏はこの点で自律神経に負担がかかるため、冷房病になってしまいます。

例えばずっと冷房空間にいると、体温管理の機能が必要なくなり、自律神経の機能は低下してしまいます。また、暑い場所と寒い場所を繰り返していると、そのたびに自律神経が働かなければならなくなり、自律神経が疲弊してしまいます。

この結果、自律神経が乱れ、冷えなどの症状を中心にした、冷房病になってしまうのです。

 

夏は他にも自律神経を乱す要素がある

夏の生活の中には、冷房の他にも自律神経を乱す要因があります。もしかしたらその要因が、冷房病に拍車をかけているかもしれません。

 

・光が自律神経を乱す

人は光の変化を感じ取って、朝や夜を判断して生活のリズムを刻んでいます。しかし、夏は日中に活動しにくく、つい夜の過ごしやすい時間などに活動をずらしてしまうことがあります。それによって、パソコンの光などをたくさん浴びていると、体が正しいリズムを判断できなくなり、自律神経が乱れてしまうのです。

 

・ストレスが自律神経を乱す

夏は暑さや不眠などによって、ストレスが溜まりやすいです。そのストレスというのも、自律神経を乱す要因になります。

 

 

冷房病というと、冷房の使い方だけが問題になりそうです。ですが、冷房病は自律神経の乱れによって起こるものです。その自律神経の乱れは、寒暖差によってもちろん起こるものなのですが、もしかしたら他にも要因があるのかもしれませんね。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

それ、内臓を冷やしてない?内蔵型冷え性の3つの原因

   冷え性というと手足が冷たくなるイメージがあるかもしれませんが、実はそうなら...

足が冷えて眠れない…どうすればいい?

  冷え性の人にとって冬はとっても厳しい季節です。足が冷えてしまって全然眠れな...


むくみがとれない、、、もしかして、冷えからきてるのかも?

  冷えとむくみは女性の大敵です。近年は女性に加えて筋肉量の少ない男性にもこう...

平熱が高めの人は寒がりって本当?

人間は生物学的には恒温動物であり、代謝によって自らの体温を一定に保つことができる...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る