カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 治療 >
  4. 頭痛に使用される薬

頭痛

頭痛に使用される薬

頭痛は大きく分けて片頭痛・緊張性頭痛・群発頭痛に分類されますが、主に薬物治療が行われるのは片頭痛に対してになります。

 

トリプタン系薬

(イミグラン、ゾーミック、レルパックス、マクサルト、アマージなど)

 

片頭痛の原因になる三叉神経末の神経性炎症を抑える働きや、脳血管を収縮させる働きによって片頭痛の発作を抑えます。

 

片頭痛に対する効果が高いので、症状がかなりひどくても抑えることができ、制吐作用も持っていますので、頭痛による吐き気も抑えることができます。

 

飲み薬だけではなく注射薬や点鼻薬など様々な剤形がありますので、吐き気がひどい時の点鼻薬、速攻性のある注射薬とそれぞれの特徴を活かした使い方がされています。

 

エルゴタミン製剤

(クリアミンA・S、ジヒデルゴットなど)

 

脳血管の動脈・静脈をともに収縮させて発作を抑えます。痛みがひどい場合には効果がありませんが、トリプタン系薬が効果のない患者さんにはよく使用されます。

 

しかし、嘔吐やめまいなどの副作用が出やすいため、あまり多用されることはありません。

 

非ステロイド性抗炎症薬:NSAIDs

(アスピリン、ピリナジン、ブルフェン、ポンタール、ナイキサンなど)

 

中枢のプロスタグランジンの産生を抑制したり、セロトニンの代謝に関わったりすることで効果を示します。安定性・安全性が高く、値段が安いですので軽度~中度の発作の第一選択薬になっています。

 

キサンチン製剤

(カフェイン、アンナカなど)

 

片頭痛に伴う眠気や疲労感、集中力の低下などの症状を改善します。エルゴタミン製剤やNSAIDsによる副作用の軽減や、薬効の増強の作用もあるので、配合剤として併用されていることが多いです。

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: rabiさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

光線で頭痛を治療!最新の光線療法とは

  頭痛の治療は薬剤療法が一般的です。しかし最近では、光を用いた光線療法も登場し...

頭痛に使える市販薬

  ドラッグストアや薬局で購入できる市販薬とその特徴をいくつか紹介します。...


頭痛でMRI検査を受ける?

  頭痛で病院に行くとMRI検査を受けることもあります。   ●MRI...

頭痛を説明しよう!パート2*痛みについての説明

ここでは、診察時の痛みについて患者さんに聞く内容をまとめてあります。 どういった...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る