カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. その他 >
  5. 目の疲労を回復!目をストレッチしてVDT症候群を予防しよう!

気になる病気・症状

目の疲労を回復!目をストレッチしてVDT症候群を予防しよう!

VDT症候群は、目の疲労から始まることが多いようです。パソコンを使った作業をする場合は、1時間おきくらいに休憩をとり、目を休めるようにしたいものです。この時、目のストレッチをすると疲れが取れやすくなるそうです。


◾︎目のストレッチ

目のストレッチといっても一体どこをのばすの?!と思うかもしれません。ストレッチの対象となるのは目の周りの筋肉、目を動かす筋肉、目のピントを調節する筋肉です。簡単に短時間でできるものは次のようなものです。


1)簡単なストレッチ

目をぎゅーっとつぶったあとにパッと開きます。また、遠くの景色をしばらく眺めるようにします。これだけでも目の疲れをとることができるようです。

 

2)目を上下左右に動かす

顔は動かさずに目だけ動かします。まず、めいっぱい右を見ます。数秒続けたら今度は左、上、下と動かします。最後に8の字を書くように動かします。ゆっくり行うようにしましょう。目を動かす筋肉がほぐれます。目を動かすのが難しいという人は目の前に指を立て、それを追うようにストレッチを行うとよいでしょう。慣れてくると指なしでもできるようになると思います。

 

3)遠くと近くを交互に見る

人差し指を目の前10cmほどのところにたて、両目で見つめるようにします。ゆっくりと指をできるだけ遠くに離して行き、それを目で追います。再び戻してまた遠ざけて、と数回繰り返します。

 

体のストレッチ同様、急に動かしたりせずゆっくりと行うのがポイントです。中には、目のストレッチをしつつ顔を引き締め、アンチエイジングできるというストレッチ方法もあるようですので、一石二鳥で女性におすすめでしょう。VDT症候群は酷くなると、治療が難しくなる場合もあります。合間にストレッチをして予防・改善に取り組んで行きましょう!

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

高機能でも欠点も…『シリコーンハイドロゲルレンズ』のトラブルと対処法

ソフトコンタクトの新素材、『シリコーンハイドロゲルレンズ』と言えば、従来品の...

目元のピクピク、軽く見ないで!目元のけいれんが顔の半分に広がる片側(へんそく)顔面けいれん

目元のけいれんというのは、目の疲れを生じやすい現代人には、多いのではないでし...


夏の運転、釣りにはサングラスだけでは足りない?!その理由とは?オススメは偏光グラス♪

夏休みにはどこかに出かけよう、お盆休みの帰省など、夏は何かと車を使う機会が多く...

仕事の合間のストレッチでこまめに疲労回復!VDT症候群を予防しよう!

長時間パソコンでの作業をする仕事も増えている昨今ですが、それにより1、肩こり...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る