カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. その他 >
  5. あなたの環境はVDT症候群を防げる?VDT環境チェックをしてみよう

気になる病気・症状

あなたの環境はVDT症候群を防げる?VDT環境チェックをしてみよう

VDT症候群とは、主にパソコンを用いディスプレイやマウスなどのVDT機器と言われるもので長時間作業をすることで、目や身体や心に支障をきたしてしまうという病気です。パソコンを長時間使用する仕事が多くなった現在、VDT症候群になる人も多く問題視されています。対策として、休憩を挟んだりストレッチをするというのがまず思い浮かびますが、作業環境を整え、心身に負担がかかりにくくするというのも非常に重要です。自分の作業環境はVDT症候群を予防できるものであるかどうか、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。


◾︎VDT作業環境チェック

 

以下の項目をチェックしてみましょう。

 

・使用しているイスは、高さの調節が可能なものである
・使用しているディスプレイは、角度やコントラストや輝度を調節できるものである。
・ディスプレイに部屋や窓からの照明が反射していない。
・ディスプレイと目の距離が40cm以上離れている。
・机のしたの足を置くスペースは十分に広い。荷物などでいっぱいになっていない。
・ディスプレイ、マウス、キーボードは清潔であり、不具合が無い物であるか。
・デスクの上は整理されており、VDT作業に必要な広さを確保できている。
・イスに深く腰掛け、背筋を正してキーボードに手を添えた時、ひじの角度は90度以上になっている。
・イスに深く腰掛けた時、膝の裏とイスの隙間が数センチ空いている。
・ディスプレイの高さは目線より少し下になっている。

あてはまらないものがあれば改善するようにしましょう。


VDT作業環境については会社で管理しているところもありますが、そうでないところもあります。全ての環境を整えるには、自分一人の力では無理な場合もありますので、心身に負担がかかって気になっている場合は、担当と思われる部署の人に相談してみるとよいでしょう。座席変更や機器の入れ替えがある際も、その都度チェックして行くことが大切です。

 

(Photo by:足成

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

【目がごろつく、視界がかすむ?】ヘルペス角膜炎

    「ヘルペス」という名前は耳にしたことがあると思います。うつることはないの...

PCをよく使う人は要注意!VDT症候群を予防する休息の取り方と目のケアとは?

VDT症候群を予防するには、長時間続けて作業をせずに目や身体を休めるというこ...


長時間ディスプレイを見ながら作業していませんか?VDT症候群の原因

眼精疲労や肩こりなどの身体症状をおこすVDT症候群ですが、どういった原因で発症す...

白目が黒目に入り込んでくる!?紫外線で起こる目の病気、翼状片ってどんな病気?

全く日光を浴びないというのは、健康によくありません。しかしご存知の通り日光を浴...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る