カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 水虫 >
  5. こんな場面で水虫がうる!特に公共の場で素足になるときには注意して!

気になる病気・症状

こんな場面で水虫がうる!特に公共の場で素足になるときには注意して!

     

しばしば、身に覚えがないのに「水虫を発症していた」ということがあります。特に日本の夏は、高温多湿の環境で、水虫の原因、白癬菌にとっては好環境です。そのため白癬菌の増殖する季節であり、水虫に感染しやすい季節と言えます。ではなぜ知らない間に、水虫に感染していることがあるのでしょうか。

 

水虫が感染する原因となってしまうのはどんな行為?

水虫は、白癬菌というカビによってうつるものです。白癬菌が皮膚に付着すれば、誰だって水虫を発症する可能性があるのです。では白癬菌が付着する可能性があるのは、どんなときなのでしょうか。

 

スリッパやサンダル

白癬菌は人の垢などを栄養素として生きています。その垢ごと付着している可能性があるのが、公共のスリッパやサンダルです。家庭内であれば、水虫の人とスリッパやサンダルを共有しなければいいだけですが、公共の場となると誰が履いたか分かりません。ですから、感染の可能性があるのです。

 

脱衣所のマット

お風呂から上がったときに使用する、足拭き用のマットも白癬菌がいる可能性があります。特にこうしたマットは、自分でも素足でそれを踏みますから、白癬菌が足にうつりやすくなるのです。

 

プール

プールも素足で歩き、かつ不特定多数の人がいる公共の場です。そのため白癬菌が落ちている可能性が十分にあり、それが素足に付着してしまう可能性も大きいのです。

 

どうすればいい?

白癬菌は付着後、皮膚内に侵入して増殖していきます。その皮膚内に侵入し、しっかりと「感染」となるまでに、最低でも2日ほどかかるとされています。

つまりその間に、きちんと洗浄によって白癬菌を除去できれば、水虫になることはないのです。ただし、しっかりと白癬菌を落としたいからと言って、ゴシゴシと皮膚を傷つけては意味がありません。そうしてしまうと、傷口から侵入しやすくなってしまい、免疫力も落ちるので、増殖する好環境をつくっていることになってしまいます。

通常の入浴の際の、体を洗うことの延長で、ちょっと丁寧に足を洗えれば十分です。 

 

夏は白癬菌が好む環境であると同時に、感染する機会が多い時期でもあります。たとえ家庭内に水虫の人がいなくても、どこかで水虫をもらってくる可能性も、十分にあるということを知っておきましょう。 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-11-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水虫に関する記事

こんなに違う!水虫(白癬菌)の種類別治療法

  「水虫」と一口にいってもいろいろな種類があり、爪にできるものから指の間、足...

足が蒸れやすい冬…冬の水虫が好む環境とは?夏の水虫が再発することがある?!

水虫は湿度の高いところが大好きなので、湿度が高い夏の方が水虫になりやすい・水虫...


あなたの水虫にはどの市販薬があっている?水虫の状態で選びたい、市販薬のタイプ

     水虫の市販薬はいろいろと売られていますが、正しく使えているでしょうか。...

治療に数ヶ月?かかりたくない...水虫には予防法があった!

  水虫とは、白癬菌というカビが皮膚に寄生し激しいかゆみや痛みを引き起こしたり...

カラダノートひろば

水虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る