カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 群発頭痛 >
  4. 治療・薬 >
  5. 群発頭痛に使用される薬

頭痛

群発頭痛に使用される薬

 

薬物療法に加えて酸素の吸入が行われます。

 


トリプタン系薬

 (イミグラン、ゾーミック、レルパックス、マクサルト、アマージなど)

 

神経性炎症を抑える働きや、脳血管を収縮させる働きによって頭痛の発作を抑えます。
強い痛みを速めに取り除くために注射剤が使用されることが多いです。


病院に行かなくても使用できる自己注射キットも発売されており、患者さんにとって非常に治療が行いやすくなっています。
即効性は注射剤には劣りますが点鼻剤も効果がありますので使用されることがあります。

 

 

酸素吸入法

 

群発頭痛の発作には鎮痛薬が無効なことが多く、酸素吸入法は発作の対症療法に最も効果があるとされています。
酸素を多く取り込むことで頭部の動脈が収縮して痛みが抑えられると考えられています。


純度100%の酸素を医療用の大型酸素ボンベを使用して、毎分7リットルで15分間吸入し続けます。
効果が表れるのが速い人では5分以内に痛みが軽減されます。
有効率が高く医療機関で申請を行うと酸素ボンベなどの器具を貸出ししてくれますので、病院だけではなく自宅などで発作が表れた場合でも治療を行うことが可能です。


発作が表れてから速く治療を行えば行うほど治療効果がありますので、日ごろから用具をすぐに使用できるところに置いておくことが大切です。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2010/10/29-037033.php)

著者: rabiさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

治療・薬に関する記事

ベラパミルやロメリジンなど…群発頭痛予防のお薬の効能と副作用とは?

    群発頭痛は若い男性に起こりやすい頭痛です。この頭痛に関してはまだ発生...

群発頭痛の予防薬

群発頭痛の発作期には、毎日激しい頭痛に悩まされることになります。そのため、予...


群発頭痛への酸素療法はいくらかかる?

    群発頭痛の発作が起きた時の対処法の一つに、高濃度の酸素を吸入するとい...

群発頭痛の痛み止め 適用でない薬もある

  激しい痛みが数時間続く群発頭痛。一刻も早く痛みを取りたいものです。現在、群...

カラダノートひろば

治療・薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る