カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 水虫 >
  5. 水虫に感染したときの症状と、慢性化したときの症状…毎年こんな症状がでていませんか?

気になる病気・症状

水虫に感染したときの症状と、慢性化したときの症状…毎年こんな症状がでていませんか?

    

水虫は、原因が高温多湿の環境を好むカビですから、夏に勢力を増します。「毎年水虫に悩まされている」という人もいるようです。ですが夏になるといつも、水虫になるという人は、ちょっと注意が必要です。

 

水虫にはどんな症状があるの?

水虫は、白癬菌というカビによって引き起こされます。白癬菌が皮膚の中に入り、増殖を始めると、当然体は「異物が入ってきた!追い出せ!」と反応し、白癬菌を除去しようと試みます。その体の反応があらわれているのが、

皮膚の赤み

水ぶくれ

強いかゆみ

皮めくれ

などの症状です。まさに体が白癬菌と戦っている証が、この症状なのです。こうした症状が白癬菌に感染してすぐの、急性期の症状として見られます。

次第にこの体と白癬菌の戦いが慢性化してくると、

かかとの皮が肥厚し、

ひび割れを起こす

症状が足の指や土踏まずから広がる

といった症状が出ることが多いです。このときにはかゆみや水ぶくれの症状がなくなります。

 

「毎年夏になると水虫になるんです!」は違うかも…

毎年夏になると、水虫になってしまうという場合、正しくは「水虫がきちんと治りきっていない」ということかもしれません。

水虫は高温多湿の夏は好きですが、寒冷で乾燥する冬はあまり好みません。そのため、冬になると活動ができないので、足の皮膚の中で冬眠した状態になっており、夏の自分たちが好む環境になったときに、再び活動を始めるということがあります。

毎年、夏が終わる頃に症状が消えるので、「治った」と思ってしまいがちですが、水虫というのは、なかなか治りにくいことで知られています。ですので、完治させないまま、毎年夏を迎えているのかもしれません。

 

 

水虫を完治させるためには、しっかりと病院で治療を受けましょう。自己判断で薬をやめたり、治療を止めたりすると、上記のようにぶり返す可能性が高いのです。冬になって症状が治まったことを、「治った」と勘違いしないように気を付けてください。

 

 

 

 

(Photo by: //pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水虫に関する記事

治療しにくい爪に入った水虫!その治療しにくさの原因は、爪の中まで薬が届かないことにある!

     水虫の菌はいろいろなところに入り込ってトラブルを引き起こしますが、一番...

足がかゆい!臭い!そんな水虫の治療期間と治療費用とは?!

  かゆいし臭いし、と不快なイメージのある水虫は、出来るだけ早く治してしまいた...


あなたは水虫?気づいていないだけかも?誰かにうつす前に水虫チェックをしてみよう!

  梅雨の時期に急増する皮膚トラブルというものがあります。それが水虫です。水虫...

白癬菌はどこにでもいる?!日常においてできる水虫の予防方法

水虫は白癬菌という真菌類が皮膚の角質に増殖して、寄生することによって発症しま...

カラダノートひろば

水虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る