カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 水虫 >
  5. これは手荒れじゃない?!手荒れと勘違いしやすい、手の水虫の症状

気になる病気・症状

これは手荒れじゃない?!手荒れと勘違いしやすい、手の水虫の症状

手に水虫ができたとき、どんな症状が出るか知っているでしょうか。そもそも手に水虫ができることを知らない人もいるでしょう。

 

水虫の原因の白癬菌は、角質に入り込んでトラブルを引き起こします。その場所が足であれば、足の水虫ですし、手でトラブルを起こせば手の水虫になるのです。

 

手の水虫ってどんな症状?

手の水虫は、足の水虫と比べればそう多いものではありません。手の水虫は、片方の手だけにできることが多いのが特徴です。基本的に、手の水虫は足の水虫と同様の症状が見られますが、その頻度は少し違います。

 

足や手でみられる水虫の種類は3つのタイプがあり、

 

趾間型:指の間にできる水虫で、ふやけたり、赤くジュクジュクになります。

小水疱型:赤い水疱ができる水虫で、強いかゆみを伴います。

角質増殖型皮膚がかたく、厚くなり、皮がむけ、乾燥してカサカサします。

 

大雑把にはこうした症状なのですが、足の水虫は趾間型が最も多く、小水疱型が次に多く、最後に多いのが角質増殖型です。これに対して、手の水虫は、最も多く見られるのが角質増殖型です。これに小水疱が出る場合もあります。

 

角質増殖型だから気づきにくい手の水虫

手の水虫の症状として多い角質増殖型は、かゆみを伴いません。そのためそれが水虫だと気づかずに、ただの手荒れとして済ませてしまう人が多いのです。そのため具体的な症状を確認しておきましょう。

 

手の水虫は、多くは指のつけ根から始まります。それが徐々に手のひらの方にまで広がっていき、手全体の角質がかたくなります。そのためガサガサした手になります。

 

また、さらに進行すると皮膚がひび割れてしまい、それによって痛みが生じます。場合によっては指のつけ根に小水疱が出ることがありり、その場合はかゆみが生じます。

 

それでも普通の手荒れと、違いが分からないかもしれません。手のケアをしてもなかなか手荒れが治らないという場合は、手の水虫を疑ってもいいかもしれません。

 

同時に足の水虫を発症していることが多い

手の水虫を生じている人は、足も同時に水虫になっている場合が多いです。そのため両方を同時に治療しなければ、交互に再発を繰り返すことになります。

 

ただし、まれに足の水虫を持たないで、手の水虫を生じることがあります。これはペットから白癬菌がうつり、手の水虫になったという例などがあります。

 

湿疹と同時に手水虫が起こる

手の水虫と同時に、湿疹やアトピーの症状が併発していることもあります。この場合、素人判断で水虫の治療薬を使用するなどしてしまうと、併発している症状に悪影響を及ぼすことがあります。こうした場合、先に湿疹やアトピーの治療をする必要があります。

 

手は足よりも、露出している場所ですし、洗う回数が多いですから、蒸れることも、雑菌が繁殖することもなかなかありません。そのため水虫は生じにくいのですが、特に足の水虫がある人は気をつけましょう。

(Photo by://pixabay.com/ )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水虫に関する記事

水虫などの慢性皮膚病にも効く硫黄泉

  臭いが強い硫黄泉。典型的な温泉の臭いですが、水虫などの慢性皮膚病に効果...

それは爪の水虫かも!知らぬ間になっている水虫と爪白癬とは?!

    水虫とは、白癬菌という菌が原因で起こる病気。この白癬菌が、足の皮膚から爪...


6時間で水虫菌がほぼ死滅する?!『木酢』の効果と安全性の高い製品の選び方

水虫の原因菌である白癬菌は、増殖性が強く病院の塗り薬を使用しても、一定期間放置...

治療しにくい爪に入った水虫!その治療しにくさの原因は、爪の中まで薬が届かないことにある!

     水虫の菌はいろいろなところに入り込ってトラブルを引き起こしますが、一番...

カラダノートひろば

水虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る