カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠薬 >
  4. 服用注意点 >
  5. 睡眠薬の正しいやめ方 「徐々に」あるいは「間隔をあけて」薬をやめていかなければダメ!

不眠・睡眠障害

睡眠薬の正しいやめ方 「徐々に」あるいは「間隔をあけて」薬をやめていかなければダメ!

    

睡眠薬を飲み始めるときは、いずれ服用をやめることを目標にしています。一定の間だけ、薬の力を拝借するのです。睡眠薬だって立派な薬ですから、飲み続ければ副作用が出てきます。睡眠薬はぐっすり眠れる魔法ではありませんから、服用をやめることをしっかりと考えていかなければいけません

 

急に服用をやめるのは絶対NG!

睡眠薬を飲んでいる最中は、寝つきよく、よく眠れます。しかしそれはあくまでも、睡眠薬がつくってくれているリズムです。そのため、そのリズムを作ってくれている睡眠薬を突然無くしてしまうと、体がリズムを失ってしまい、反動で睡眠の障害が大きく出る危険があります。具体的には、

眠れなくなる

悪い夢を見るようになる

以前より強い不眠になる

不眠の症状が不安定になる

手足が震える

強い不安感に襲われる

特に、不眠の症状が睡眠薬の服用前よりも強くなってしまうことを「反跳性不眠」と言います。これは長期間にわたって睡眠薬を服用している人は、この症状が出やすいので注意しましょう。中にはそれでもスムーズに眠れるようになるケースもあるようですが、そうしたケースはまれです。

 

「徐々に」あるいは「間隔をあけて」が正解

睡眠薬には、作用時間の短いものがあります。その睡眠薬の場合、用量を徐々に減らしていき、減量した睡眠薬でも、体がリズムを刻めるようにしていきます

例えば今までの量の3/4の量で2~4週間服用し、その次は1/2の量で2~4週間、その次は1/4の量で2~4週間というように徐々に減らしていくのです。最後には眠りにくい日のみ、少量を服用することになります。

また、中・長時間作用するタイプの睡眠薬の場合、服用しない日を設定し、服用の間隔をあけていくことで、服用をやめていきます。

あるいは、このふたつの方法を合わせて行う場合もあります。

 

 

いずれの場合で薬を減量していくのであっても、医師との相談が欠かせません。自分の場合、どの方法で減量していった方がいいのか、最初はどれくらい減らした方がいいのか、どれくらい服用しない期間を設けた方がいいのかなど、個人の睡眠トラブルに沿ってアドバイスしてくれるのでしょう。

 

 

 

(Photo by: //pixabay.com/)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

服用注意点に関する記事

こんな場合は睡眠薬の効果はないって本当?正しく使うために「睡眠薬が効かないとき」を知ろう

     睡眠薬は万能の薬ではありませんので、睡眠についてのトラブル全てを解決す...

睡眠薬とアルコールの併用は超危険!作用の相乗効果で、場合によっては死の危険も…

日本には寝酒の習慣がある性か、「お酒と睡眠薬の併用」という、危険な行為がしばし...


○○な飲み方は危険!睡眠薬とアルコールの併用で、睡眠薬が効かなくなるかもしれないって本当?

  夏は不眠症に悩まされるという人も、多いのではないでしょうか。暑さによるストレ...

睡眠薬を服用するベストタイミングは自分で作る!自然の眠気を利用してスムーズに寝よう!

睡眠薬を飲めば、簡単に眠れると思うのは間違いです。薬はその処方があるように、ベ...

カラダノートひろば

服用注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る