カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 魚の目・タコ >
  5. 靴擦れを我慢して放っておいてないですか?!魚の目ができる仕組みと治療

気になる病気・症状

靴擦れを我慢して放っておいてないですか?!魚の目ができる仕組みと治療

 

靴擦れを我慢して放っておくと、魚の目ができる場合があります。魚の目は軽度であれば簡単に治りますが、重症化すると厄介な病気です。今回は、魚の目のでき方と治療にはどんなものがあるかについてご紹介します。

 

魚の目とは

魚の目とは、皮膚の角質層が盛り上がった部分がその周辺の神経を刺激し、痛みが起きることです。正式名称は「鶏眼」です。

皮膚の角質層が盛り上がる理由は、長時間にわたって皮膚に圧迫がある・摩擦があると皮膚が防衛反応として角質層を厚くするためです。

 

できやすい場所としては、足の裏や足の指の関節部分です。また、できやすい靴の種類としては、高いヒールや履き心地を無視したデザイン重視の靴です。

 

治療方法

軽度の魚の目は薬で治療することができます。

魚の目に効果のある薬には、患部に貼ることで角質を柔らかくして除去する絆創膏タイプや、患部に貼ることで角質を柔らかくして除去する液状の薬、内服薬があります。軽度の魚の目に使用する薬は市販されています。

 

軽度の魚の目の場合は、薬局で聞くなどして自分の魚の目にあった治療薬を選び、利用してください。ただし、重症の魚の目の場合は手術しないと治らない場合があります。

 

重症の魚の目とは、角質が深いところまで入り込んで硬く厚くなり芯ができてしまった状態や、神経を圧迫して激しい痛みが出ている場合です。

手術の種類としては、冷凍凝固療法と直接メスで切除する方法とレーザー治療といったものがあります。重症の魚の目がある場合は、皮膚科を受診してきちんと治してください。

 

以上が、魚の目のできる仕組みと魚の目の治療方法です。魚の目は作らないのが一番なので、合った靴を履くなどして靴擦れを防ぐ・靴擦れが起きた場合は早めに対処するなどしてください。

 

「美容・ダイエット」で人気の記事はこちら

●どうする?靴擦れの水ぶくれの処置

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●地味に痛い…靴擦れで水ぶくれが起きるのはナゼ?

 

(Photo by:足成 )

著者: いおさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

魚の目・タコに関する記事

魚の目にある芯ってなに?魚の目と間違いやすいイボに気をつけて

      ◆魚の目にはなぜ芯ができるのか? 魚の目は正式名称を鶏眼(け...

水ぶくれやタコなど靴擦れ防止に靴下を活用!

 痛い靴擦れ、歩いている最中にどんどんひどくなってくるので、予防できるなら予防...


魚の目が短期間で治る!画期的なレーザー治療

  魚の目の治療といえば地道に複数回病院に通って治療する、というイメージですが...

治療方法もいろいろ!サイズ別、魚の目の治療方法と治し方

  魚の目(うおのめ)、痛いですよね。歩くたびにぐいぐい同じ場所を圧迫されて結...

カラダノートひろば

魚の目・タコの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る