カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠薬 >
  4. 服用注意点 >
  5. 睡眠薬とアルコールの併用は超危険!作用の相乗効果で、場合によっては死の危険も…

不眠・睡眠障害

睡眠薬とアルコールの併用は超危険!作用の相乗効果で、場合によっては死の危険も…

日本には寝酒の習慣がある性か、「お酒と睡眠薬の併用」という、危険な行為がしばしばあります。しかし、他の一般的な薬は、アルコールと一緒に摂取したりしませんよね。」睡眠薬もそれに漏れず、お酒と一緒に飲むことによって弊害があります。むしろ睡眠薬だからこそ、お酒と一緒に飲むのが危険な場合があるのです。

 

睡眠薬とお酒の併用

薬はお酒で飲んではいけないと分かっていても、睡眠薬はお酒と一緒に飲んでしまう、あるいは、お酒がまだ体に残っている状態で飲んでしまうということがしばしばあります。それは、そもそも睡眠薬を使う人が、寝酒などの習慣があり、「お酒がないと夜眠れない」となっている場合などがあります。

お酒がないと眠れないけれど、お酒だけでも眠れないという状態になり、お酒にプラスして睡眠薬の服用も始めてしまうのです。ですがこれは非常に危険な行為です。

 

睡眠薬とお酒の併用はなぜ危険なのか?

一見すると、お酒も睡眠薬も、「眠るため」に飲んでいるのですから、併用してもいいように思えます。ですがこの「目的が同じ」という部分が非常に危険とされる所以なのです。

 

1 作用の相乗効果

アルコールというのは、ベンゾジアゼビン系の睡眠薬と似たような作用をします。

というのも、脳の神経系を抑制し、脳から体をリラックスさせて眠気を起こすのです。では、この作用がある中、同時に睡眠薬を服用するとどうなるでしょうか。相乗効果によって、催眠作用が強くなります。催眠作用が強くなるということを、より熟睡できると考えてはいけません。

これはつまり、体の機能を抑制しすぎて、呼吸困難や頻脈と言った症状につながるのです。

 

また、バルビツール系の睡眠薬をお酒と併用するのは非常に危険です。

このタイプの睡眠薬は、中枢神経に作用し、神経の働きを抑制することで睡眠を促します。アルコールによってこの作用が増強されてしまうと、眠気を通り越して意識を失ってしまったり、昏睡状態に陥ることがあります。その場合最悪のケースでは死に至ることもあるのです。

 

2 両方とも肝臓で処理される

アルコールも薬も処理される場所は肝臓です。そのため、お酒と睡眠薬を一緒に体の中に入れると、肝臓は同時にその両方を処理しなければならないので、かなり負担がかかります。これによって両方の分解が遅れてしまい、結局効果が翌日まで続いてしまい、眠気やふらつきが出てしまうことがあるのです。

 

お酒も睡眠薬も「眠りにつくために」と思って飲むかもしれませんが、それは大きな間違いです。人の体はどちらの作用も寛容に受け入れられるほど、大きな処理はできません。作用だけに注目して単純に「眠れるためのもの」と考えず、正しい飲み方をするようにしましょう。

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

服用注意点に関する記事

20人中1人が睡眠薬や睡眠導入剤の処方を受けている?!日本の不眠症の現状

    睡眠障害において、不眠症は発症する人の多い代表的な病気です。今回は、日...

○○な飲み方は危険!睡眠薬とアルコールの併用で、睡眠薬が効かなくなるかもしれないって本当?

  夏は不眠症に悩まされるという人も、多いのではないでしょうか。暑さによるストレ...


こんな睡眠薬の使い方は危険!睡眠薬は「薬」の側面をよく知って正しく使おう!

     睡眠薬を服用する場合、その特性や薬の作用時間をしっかりと考えなければ、...

睡眠薬の服用時には気をつけて!副作用や睡眠障害をひどくしてしまう行動に要注意

睡眠薬を服用している時には、いくつか注意したいことがあります。副作用が強く出てし...

カラダノートひろば

服用注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る