カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠薬 >
  4. 服用注意点 >
  5. 睡眠薬とアルコールの併用は超危険!作用の相乗効果で、場合によっては死の危険も…

不眠・睡眠障害

睡眠薬とアルコールの併用は超危険!作用の相乗効果で、場合によっては死の危険も…

睡眠薬とアルコールの併用は超危険!作用の相乗効果で、場合によっては死の危険も…

 

睡眠薬はどんな条件で飲むといい?完璧な環境の中、できれば空腹の状態で服用しよう!

 

睡眠薬や睡眠導入剤って寝つけないときに何時ごろまでならのんでいいの?

 

睡眠薬を服用するベストタイミングは自分で作る!自然の眠気を利用してスムーズに寝よう!

 

日本には寝酒の習慣がある性か、「お酒と睡眠薬の併用」という、危険な行為がしばしばあります。しかし、他の一般的な薬は、アルコールと一緒に摂取したりしませんよね。」睡眠薬もそれに漏れず、お酒と一緒に飲むことによって弊害があります。むしろ睡眠薬だからこそ、お酒と一緒に飲むのが危険な場合があるのです。

 

睡眠薬とお酒の併用

薬はお酒で飲んではいけないと分かっていても、睡眠薬はお酒と一緒に飲んでしまう、あるいは、お酒がまだ体に残っている状態で飲んでしまうということがしばしばあります。それは、そもそも睡眠薬を使う人が、寝酒などの習慣があり、「お酒がないと夜眠れない」となっている場合などがあります。

お酒がないと眠れないけれど、お酒だけでも眠れないという状態になり、お酒にプラスして睡眠薬の服用も始めてしまうのです。ですがこれは非常に危険な行為です。

 

睡眠薬とお酒の併用はなぜ危険なのか?

一見すると、お酒も睡眠薬も、「眠るため」に飲んでいるのですから、併用してもいいように思えます。ですがこの「目的が同じ」という部分が非常に危険とされる所以なのです。

 

1.作用の相乗効果

アルコールというのは、ベンゾジアゼビン系の睡眠薬と似たような作用をします。

というのも、脳の神経系を抑制し、脳から体をリラックスさせて眠気を起こすのです。では、この作用がある中、同時に睡眠薬を服用するとどうなるでしょうか。相乗効果によって、催眠作用が強くなります。催眠作用が強くなるということを、より熟睡できると考えてはいけません。

これはつまり、体の機能を抑制しすぎて、呼吸困難や頻脈と言った症状につながるのです。

 

また、バルビツール系の睡眠薬をお酒と併用するのは非常に危険です。

このタイプの睡眠薬は、中枢神経に作用し、神経の働きを抑制することで睡眠を促します。アルコールによってこの作用が増強されてしまうと、眠気を通り越して意識を失ってしまったり、昏睡状態に陥ることがあります。その場合最悪のケースでは死に至ることもあるのです。

 

2.両方とも肝臓で処理される

 

 

アルコールも薬も処理される場所は肝臓です。そのため、お酒と睡眠薬を一緒に体の中に入れると、肝臓は同時にその両方を処理しなければならないので、かなり負担がかかります。これによって両方の分解が遅れてしまい、結局効果が翌日まで続いてしまい、眠気やふらつきが出てしまうことがあるのです。

 

お酒も睡眠薬も「眠りにつくために」と思って飲むかもしれませんが、それは大きな間違いです。人の体はどちらの作用も寛容に受け入れられるほど、大きな処理はできません。作用だけに注目して単純に「眠れるためのもの」と考えず、正しい飲み方をするようにしましょう。

 

 

睡眠薬はどんな条件で飲むといい?完璧な環境の中、できれば空腹の状態で服用しよう!

 

睡眠薬の効果をしっかり発揮させるためには、いろいろと条件を整えてあげる必要があります。睡眠薬はあくまでも、睡眠を補助してくれる道具です。そのためただ薬に頼るのではなく、ベストなタイミングで服用し、ベストな条件の下、最大限の効果を発揮させることが、服用する人には求められます。

 

眠るための環境を整えてから

 

睡眠薬というのは、服用してすぐに効果が実感できるわけではありません。多くの場合は20〜30分、長くて1時間ほど効果が出るまでの時間が必要です。

ではその間、何をするのが正しいでしょう。

睡眠薬を服用してから、実際に眠気が襲ってくるまでの間は、体が睡眠に向かって準備をしていく時間です。そのため、その間にテレビを見たり、活動的なことをしてしまうと、睡眠とは逆行した行動をとることになってしまい、十分に効果が得られません。

ですから、睡眠薬を飲む場合、眠るための環境を全て整えてから、いつ寝ても大丈夫という状態をつくった後に飲む必要があります。

 

睡眠薬の服用は空腹時がベスト

 

薬のイメージでは、空腹時に飲んではいけないと思っている人が多いですが、それは一部の薬のみです。睡眠薬に関しては、胃の中が空っぽの状態で飲んでも問題ありません。むしろ睡眠薬の場合、胃の中に食べ物が入っていると吸収が遅くなり、効果を感じられるまでに時間がかかることがあります。

そのため睡眠薬を飲むために、何かを胃に入れる必要はなく、空腹時でも安心して、睡眠薬だけを服用して構わないのです。 

 

睡眠薬は確かに、薬の作用によって、入眠させてくれますが、本来睡眠は人が自然と行うものです。自然と眠気を感じ、睡眠に至るのと同様に、睡眠のための環境を整えて、睡眠薬を使用する必要があります。

 

 

睡眠薬や睡眠導入剤って寝つけないときに何時ごろまでならのんでいいの?

 

睡眠薬や睡眠導入剤を服用して寝てもなかなか寝つけないときや、夜間に?を覚ましてしまう時があると思います。そんなときは、睡眠薬や睡眠導入剤を追加して服用する必要がある場合があります。

しかし、追加して服用すると当たり前ですが、その時間から薬の作用が現れるため、朝の起きる時間によっては服用を控えた方が良い場合もあります。今回は睡眠薬や睡眠導入剤は、何時ごろまで服用して良いのかについてご紹介します。

 

何時ごろまで服用していいの?

 

作用時間が短い睡眠導入剤でも、服用した後の6〜7時間は眠気や頭の働きが低下するようです。このため、次の日に睡眠薬が残らないようにするには、起きる時間の6〜7時間前までしか睡眠薬や睡眠導入剤を服用しない方がよいとされています。

 

最適な服用時刻や量は個々に差があるため、人によってはもっと起きるまでの時間をあけなければならない、逆にそれほどあけなくてもよい人もいます。翌日に用事がない時に睡眠薬や睡眠導入剤を試して、自分にあった服用時刻を見つけるのがよいでしょう。

 

追加して服用した際の注意

 

睡眠薬には寝付きを良くする作用もありますが、副作用として翌日に眠気が残ったり、頭の働きを悪くしたり、ふらついたりなどの症状が出る場合があります。なかなか寝付けない場合や夜中に目が覚めてしまったときに追加して服用すると、このような副作用が出やすくなってしまいます。このため、追加して服用する場合には、錠剤を半分にして使うなど量を減らして服用することをおすすめします。

 

睡眠薬や睡眠導入剤には眠りを誘発させる効果がありますが、その効果の出方は個人個人で違います。自分にあった睡眠薬や睡眠導入剤を利用し、自分にあった利用方法を見極めて睡眠薬や睡眠導入剤を服用することをおすすめします。

 

 

睡眠薬を服用するベストタイミングは自分で作る!自然の眠気を利用してスムーズに寝よう!

 

睡眠薬を飲めば、簡単に眠れると思うのは間違いです。薬はその処方があるように、ベストな使い方があります。睡眠薬は、人の睡眠に作用する薬ですから、その本来人が持っている、睡眠のリズムに合わせた使い方をすることによって、きちんとした効果を得ることができるのです。

 

睡眠薬を飲むとすぐに眠れるの?

すぐに入眠できる人というのは、ベッドに横になって数秒でぐっすりと眠れます。睡眠薬の効果に対して、こういった作用を期待しているのならば、それは違います。

 

他の薬も同じですが、服用してから作用するまでに多少の時間が必要です。それは薬が体の中に、しっかりと吸収され、代謝されなければいけないのですから当然です。

ですから、就寝の目標時間から逆算して、睡眠薬の服用を考えなければいけません。

 

どれくらいの時間、余裕をもって飲めばいい?

では実際にどれくらいの時間をおいたら、睡眠薬は効いてくるのでしょうか。睡眠薬の作用までの時間は、多くは1時間以内です。短くて15分、長くて1時間、大体が20分から30分くらいとされています。

薬の効き方が人によって違うように、同じ薬であっても、多少この時間は変わってきます。そのため、自分に対して薬がどう効くのかをよく把握した上で、自分のベストタイミングを決めましょう。

 

いつも同じ時間、同じ状態がいい

その日の体調によってベストタイミングというのは、若干変わったりもします。その変動を小さくするためには、なるべく、いつも同じ時間に服用し、同じ状態でいて、同じ時間に就寝することが理想です。それによって睡眠のリズムがつくられ、自発的な眠気も手伝って、入眠することができます。

 

自然の睡魔に乗るというのが、一番スムーズな方法です。睡眠薬に手伝ってもらって、睡眠のリズムを規則的に刻むことで、だんだんと睡眠薬を飲むベストタイミングができ上がっていくのです。 

(Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

服用注意点に関する記事

不眠症の薬が効かない時はいっそ起きていた方がよい!その理由とは

  不眠症の薬が効かない時、なんだか落ち着かないけれどそのままベッドにいたりす...

こんな場合は睡眠薬の効果はないって本当?正しく使うために「睡眠薬が効かないとき」を知ろう

     睡眠薬は万能の薬ではありませんので、睡眠についてのトラブル全てを解決す...


睡眠薬を服用するベストタイミングは自分で作る!自然の眠気を利用してスムーズに寝よう!

睡眠薬を飲めば、簡単に眠れると思うのは間違いです。薬はその処方があるように、ベ...

睡眠薬はどんな条件で飲むといい?完璧な環境の中、できれば空腹の状態で服用しよう!

     睡眠薬の効果をしっかり発揮させるためには、いろいろと条件を整えてあげる...

カラダノートひろば

服用注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る