カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 2人目がなかなかできない…2人目に潜む、ストレスからの不妊のヒミツ

妊娠・出産

2人目がなかなかできない…2人目に潜む、ストレスからの不妊のヒミツ

    

意外と知られていませんが、「2人目不妊」に悩む人が多い、という事実があります。しかし、「1人目がいるからそこまで本格的に不妊治療に挑まなくても、いずれできるだろう」と考えている人が大半のようです。また、その一方で色々なストレスを溜めてしまい、それが原因で2人目を妊娠できない人もいるようです。

 

ストレスと不妊の関係

「ストレスを抱えていると妊娠しづらい」と聞いたことはないでしょうか。実際にストレスと妊娠は深く関係しています。

というのは、「脳下垂体」というところが、ストレスと生殖機能の2つをつかさどっているからなのです。ストレスを強く感じてしまうと、脳下垂体の回路が利用されてしまい、生殖機能の回路の流れが悪くなってしまうのです。そのため、着床や排卵に障害が出てきて不妊の原因となってしまいます。

 

色々なストレス

2人目妊娠の前には、色々なストレスがついて回ります。

 

・親からのプレッシャー

1人目に女の子が生まれたら、2人目は男の子を希望する親が多く、おのずと「2人目はまだなの?」という言葉をかけられます。この言葉というのは、不妊に悩んでいる人にとってはとても辛い言葉です。

 

・私は妊娠できる体なのにという自信

1人目を自然に早く妊娠できた人は、「自分は子どもを産める体」という自信があります。その自信から、「なんで?」「どうして?」と強いストレスを感じることが多いです。

 

・経済的な不安

「2人目を産んで家計が苦しくならないか?」「きちんとやっていけるのか」という生活の不安からくるストレスもあります。

 

何よりも自分がリラックスできる時間が必要

週に1回でも構いません。妊娠について考えない時間を設けるようにしましょう。

人によって異なってくるとは思いますが、例えば、お子さんを預けて旦那様と2人きりでデートをしたり、お子さんが寝静まってからでも趣味に没頭できる時間を作ったり、自分がストレスを開放できる時間を作りましょう。1人目がいるとなかなか時間を作ることは難しいですが、ストレスを溜めすぎてお子さんに当たったりしてしまったら大変です。

お子さんのためにも自分のためにも、たまにはリフレッシュすることをオススメします。それがストレスからくる不妊の一番の治療です。

 

 

何よりも一人で抱え込まずに相談できる人(だんな様でも、友達でも、親でも)に、心のうちを話すだけでもかなり楽になりますよ。ストレスを心の問題とだけ考えてしまうと、正しく対処できないことがあります。ストレスも不妊においてはしっかりと対処するべきものとして、とらえましょう。

 

 

 

(Photo by: http://pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊活に関する記事

不妊の原因と不妊治療の種類について

    ◆不妊の原因   不妊の原因は女性だけではありません。男性原因の...

妻の妊活…自分は無関係だと思っていませんか?夫が考えるべき・できること

結婚して子供がほしくなると、今では妊娠・出産に向けて妊活を行うカップルが増え...

妊活の体験談

排卵日を計算して仲良し!男女の産み分け

我が家には男の子と女の子の二人きょうだいがいます。 私の姉には男の子ふたりがいます。 私の姉はど...

不妊治療をしてやっとできた一人目。二人目は普通の夫婦生活で

出産から子育てにバタバタで二人目なんて考える余裕がなかったんですが娘が1歳に近づくにつれてだんだん二...

カラダノートひろば

妊活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る