カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. しわ・たるみ >
  5. 顔のたるみを改善するのに「カッサ」はいかが?たるみに効くカッサマッサージの方法

美容・ダイエット

顔のたるみを改善するのに「カッサ」はいかが?たるみに効くカッサマッサージの方法

  

顔のたるみに対処するのに、有効な方法のひとつがリンパマッサージです。その効果をさらに大きくする方法のひとつが、「カッサ」というマッサージです。カッサという道具を使って行うマッサージで、手で行うリンパマッサージと同じようなものですが、手よりも効率的に力が伝わり、効果を感じやすいそうです。

 

カッサのリンパマッサージの方法

カッサを使って、あごから上に向かってカッサを滑らせていくだけで、たるみへの対処ができます。手で力を入れるのではなく、道具を使って行うので、テレビを見るなど、何かをしながらできることが魅力です。

 

1.メイクを落とし、洗顔・化粧水・乳液で肌を整える

 

2.カッサが皮膚の上でよく滑るように、顔全体にクリームをたっぷり塗る

※クリームはたっぷり使えるように、安いもので構いません。あくまでもカッサが肌を傷つけずに滑ることが目的です。

※このときクリームはからデコルテまでつけます。

 

3.リンパの流れを整えます

耳の前の部分を、カッサの先端を使って刺激し、そこから顎にかけてほぐします

鎖骨の首側に、カッサの先端を入れるようにして刺激します。中央から肩に向かって流すように刺激します

顎関節のとがった場所から、耳の後ろに流すように刺激します

※カッサを滑らせるときは、肌に対してカッサが直角になるように滑らせます。最初は痛みを感じるかもしれませんが、それはリンパや血液が滞っている証拠です。刺激していくと、だんだんと「痛気持ちいい」に変わっていきます。

 

4.あごから上へカッサを滑らせる

特にたるみが気になる部分を重点的に、カッサを滑らせてください

 

5.耳の前から首の側面を通り、鎖骨に老廃物を流し込むようにしてカッサを滑らせる

※リンパに余計なものを流していき、肌を整えておしまいです。

 

 

歳をとるとシワもそうですが、たるみも気になります。頬の毛穴が、縦に伸びるように開いてきたら要注意です。カッサを始めたときには痛みがあるかもしれませんが、加減をしながら続けていると、ある程度の強さでも気持ち良くなってきます。続けていくことで、たるみの気にならない顔が期待できますよ。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

しわ・たるみに関する記事

糖化は何故起こるの?肌のたるみや老化を促す糖化のメカニズムを知ろう!

糖化は最近注目を浴びているキーワードで、肌のたるみや髪のパサツキといった老化現...

自分の血液を使う!血小板を使ったちりめんじわ治療「PRP療法」「W-PRP療法」

美容皮膚科・美容外科におけるちりめんじわの治療には様々なオプションがありますが...


肌を攻撃して老化を進める?たるみやしわの原因、活性酸素とは

  活性酸素というとあまり体によくないものとして認識している人が多いのではない...

ビタミンCとコラーゲンがカギ! 紫外線によるちりめんじわ対策

ちりめんじわには様々な原因がありますが、原因毎に対応策は異なります。ここでは、...

カラダノートひろば

しわ・たるみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る