カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 嘔吐 >
  5. 知っておこう!子どもが突然吐いてしまった時の対処方法と原因とは?

育児・子供の病気

知っておこう!子どもが突然吐いてしまった時の対処方法と原因とは?

img_50629c0b3724d.jpg

子どもが突然吐いてしまった時、急なことでどう対処したらいいのか分からなかったという経験はありませんか。

 

嘔吐の原因と対処方法をご紹介いたします。

 

嘔吐とは

「吐く」とは、胃の内容物が逆流して外に出ることです。食べたものや胃液が主な内容物ですが、吐き気が強いときには十二指腸液が混ざっている、緑色のものを吐くこともあります。

 

また、胃自体が何かの原因で刺激された場合や、胃よりも下の消化管の通りが悪い場合に吐き気を催すこともあるようです。だからといって、原因になるのは消化器ばかりではありません。

 

脳にある嘔吐中枢という部分がなんらかの刺激を受けた場合にも、吐き気を催すことがあります。

 

嘔吐の原因として考えられるもの

感染症による嘔吐

子どもの吐く原因で最も多いのは、下痢を伴う病気の場合です。

感染性胃腸炎がそれにあたりますが、胃に炎症が起きたために起こります。

腸に炎症が及んだ場合、下痢が生じてしまいます。

 

原因

この原因には、細菌性とウイルス性があります。

ウイルス性の場合には軽ければ「おなかの風邪」として扱われることが多いようです。

 

ウイルス性でよく知られているのが「ロタウイルス」です。

乳児に多いことから乳幼児嘔吐下痢症、冬に多いことから冬期下痢症、便が白くなるので白色便下痢症とも言われています。

 

下痢と嘔吐が強いときには脱水症になり、入院することもあります。

集団生活では感染力が強いので、流行する場合もあります。

 

ノロウイルスによる嘔吐

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、ロタウイルスによるものより症状は軽いようですが、時々集団生活で流行します。 

 

細菌性の胃腸炎は腹痛があり、熱があることが多いようです。

そして「下痢便がねっとりして血液が混じっていること」もあります。

 

胃腸炎以外の感染症でも吐くことはあります、頭の嘔吐中枢を刺激するからでしょう。

その原因として風邪の始まりや、中耳炎、尿路感染症等があります。熱の出始めもこの中に入ります。

 

感染症以外の嘔吐の原因とは

頭に原因があるときは、直接嘔吐中枢が刺激されて吐きます。

脳炎や髄膜炎の場合には、嘔吐の症状以外に熱があったり、頭を痛がります。

また、いつもと違った行動をとることもあります。

 

遊んでいて頭を打撲して吐くこともありますので、頭に原因があるのではと思ったときには、速やかに病院を受診してください。 

 

非常に稀ですが、脳腫瘍があるときの嘔吐は、吐き気なしに突然吐いてしまう場合がほとんどです。

進行していない段階で脳腫瘍だと気付くのはきわめてまれです。

 

アセトン血性嘔吐症

「アセトン血性嘔吐症」という病気があります、昔はよく「自家中毒」と呼ばれた病気ですが、引き金になる要素は様々です。 運動会や遠足の後などの疲れ、突然の嘔吐といった症状があらわれます。

 

嘔吐の頻度も多いため、吐き続けると、如々にぐったりして立てなくなります。このような状態から中毒という病名が付きました。

 

原因は?

風邪が引き金になったり、嫌なことを経験して発症することもあります。

詳しい事はわかっていませんが、脂肪代謝がおかしくなり、その代謝産物であるアセトンが体にたまることが原因のようです。

 

この病気は繰り返して起こるのが特徴ですので、経験のある子どもは注意しましょう。

幼い子供の場合は、ひどい咳や喘息の発作が原因で吐いてしまうことがあるようです。

 

吐いたときの対応方法!

子どもが吐いたときには、まず他の症状をチェックしましょう。

 

・熱があるかどうか?

・便の状態はどうか?

・おなかが痛いかどうか?

・おなかを見て大きくなっているかどうか?

・頭が痛いかどうか?

・耳が痛いかどうか?

などです。

 

嘔吐以外の症状がはっきりしている場合には、病院を受診してください。

 

様子をみるポイント

嘔吐以外の症状が軽いあるいはみられない場合には様子を見ましょう。

ポイントは繰り返し吐くかどうか?を観察します。

繰り返し吐いてしまう場合は受診してください。 

 

吐いた後は、30分ぐらい時間をあけ「お茶」や「イオン飲料水」を少し飲ませるようにしましょう。その後、吐かなければ飲み物を少しずつ増やして与えます。

 

子どもをよく落ち着かせて

子どもは吐くことの意味がよくわかっていません。

その結果泣いたり怖がったりすることも多いので、対症的な処置はもちろんのこと、精神的なケアをしっかりと行い、安心させてあげることも重要です。

 

また、1つ1つ症状をチェックすることも大事ですが、最も大切なのは、実際に子どもと接しているおとなが見て、元気があるかどうか確認し、いつもと違うと気づくことです。

 

体で危険を感じたり子どもの異常に気づく感性を、子どもと付き合う中で作り上げて下さい。そうした感性は、子どもと一緒に動き回り、喜び、感動することから生まれるものです。

 

「育児・子供の病気」で人気の記事はこちら

●病院を受診すべき、たんこぶとは?頭を打った後、チェックするべき身体の症状

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: ありさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

嘔吐に関する記事

ノロウィルスとはちがう?!ロタウィルスってどんなウィルスなの?

冬に流行する嘔吐下痢症として有名な、ノロウィルス。 最近では、ロタウィルス...

赤ちゃんの頻繁な嘔吐・お腹の張り・げっぷがなかなか出ない...もしかして胃軸捻転かも?

赤ちゃんは大人よりも吐きやすく、新生児のうちは母乳やミルクを吐いてしまうこと...

嘔吐の体験談

生後1ヶ月 びっくりしたこと①

想像と違ってびっくりしたことを書きます。はきもどし寝てしまったらげっぷをしないでベッドにおくことがあ...

突然の嘔吐の対処法

突然かなりの嘔吐をしてから、座薬をもらって帰りました。家に帰って、すぐに、座薬を入れました。吐かれ...

カラダノートひろば

嘔吐の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る