カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. 男性 >
  5. 男性だって35歳以上は高齢出産!実感しにくい"男性の"高齢出産のリスクを知りましょう

妊娠・出産

男性だって35歳以上は高齢出産!実感しにくい"男性の"高齢出産のリスクを知りましょう

年齢を重ねると共に、当然生殖能力も衰えていきます。それは男性においても同じことで、男性が高齢の場合の、そのパートナーの妊娠や出産というのは、色々なリスクがついて回ります。

 

男性が高齢で、女性も高齢出産になってしまう!?

なんとなく実際に出産をする女性の年齢が若ければ、妊娠出産に問題はないと考えがちです。しかし実際にはそうでもありません。

男性の年齢が高いと、男性の生殖機能が衰えていて、精子の数が少なかったり、質が悪かったりします。その状態で妊娠を試みても、なかなか妊娠に結びつきません。

それを繰り返しているうちに、女性の方が高齢になってしまって、女性が高齢出産になってしまうということがあります。

この例を見ると、やはり男性が高齢であるということも、高齢出産のリスクとしては、相当に大きいものと言えるでしょう。

 

「35歳以上」は男性も高齢出産

アメリカの研究では、「男性の精子は35歳から質と量が悪くなる」という結果が報告されています。また「不妊症のリスクが高まる」という研究結果もあります。女性の場合35歳というと、初産で高齢出産とされます。

しかし男性の場合、まだまだパパになるにはこれからの気もするかもしれません。さらに40歳になれば、精子の質と量は明らかに減退するのだそうです。

 

日本ではまだまだこれからと考えがちですが、その感覚のまま、妊娠や出産を考えていること自体が、危険なことなのかもしれません。

 

リスクは個体差があるもの、みな平等ではない

あくまでもこうしたリスクは、可能性の範囲を出ません。高齢でも安全に出産を終え、子育てをしている人もいますし、晩婚化や高齢での出産の増加に伴って、医療技術においても、それを補えるような技術が増えています。

リスクばかりに目をやってしまうと、せっかくの可能性をつぶしてしまうことにもなりかねません。

こうした可能性があるとした上で、自分やパートナーの体、妊娠する環境を考えながら、可能性を見出していくことはとても大事なことです。

 

「子どもが欲しい」とまだ思わないうちに子どもをつくってしまうのは、違うのかもしれませんが、だからと言っていつでもいいということでもありません。特に男性は、感覚で行動を決定せず、生殖機能と年齢に深い関係があることを意識するべきでしょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

男性に関する記事

父親の年齢も関係アリ?!高齢出産のリスクとは?~リスクを増やさないために~

現在日本では35歳以上の初産の女性が高齢出産に値するとされています。女性であれ...

父親が高齢の場合は考えておきたい…男性が高齢の場合の出産に伴うリスクは何がある?

実際に産む女性とともに、男性にも高齢であることのリスクはあります。 実際に...

高齢出産の体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

男性の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る