カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 種類 >
  4. 命に関わる頭痛は要注意!あなたの頭痛はどのタイプ?症状をチェックしてみよう

頭痛

命に関わる頭痛は要注意!あなたの頭痛はどのタイプ?症状をチェックしてみよう

頭痛は多くの人に経験がある症状です。場所が「頭」というだけに、強い痛みや繰り返す痛みがあると心配になってしまいますね。一口に頭痛と言っても様々な種類がありますので、自分の頭痛がどのタイプなのかチェックし、適切な対処ができるようにしておきましょう。

 

◾︎緊急度が高いのはこれまでに経験が無いほどの強い痛み

病気の症状として頭痛がおきる場合があります。以下の項目に当てはまれば病気が隠れている可能性もありますので、一度病院を受診しましょう。

 

・中高年者で、これまでに経験の無いほどの強い痛み、ハンマーで殴られたような強い痛みがある
・手足に麻痺が出る
・視界がかすむ
・読み書きが困難になる
・吐き気や高熱がある
・ろれつが回らなくなる
・痛みが治まらず、どんどん酷くなり頻度も増える

 

このような症状がある場合、脳梗塞やくも膜下出血、脳梗塞などの病気である可能性があります。命に関わりますので、早めに対処しましょう。


◾︎病気が原因では無い頭痛

頭痛に悩む人の約9割が、この病気が原因では無い頭痛に当てはまるそうです。大きく分けて以下の3つになります。

 

【片頭痛】
・頭の片側だけか両側が痛む
・ズキズキと脈打つ痛みがある
・動き回ると痛みが増す
・大きな音や光によって痛みが増したり気分が悪くなる
・痛みが出ると他の活動が困難になる
・痛みは数時間でおさまり、月に数回繰り返す


【緊張型頭痛】
・頭が全体的に痛む、後頭部側が痛む
・締め付けられるような重い痛みである
・動き回っていると痛みが軽くなることがある
・肩こりや首のこりがある
・痛むものの日常生活はなんとかできる
・痛みが数日に渡って持続する


【群発頭痛】
・頭がえぐられるような激しい痛みである
・あまりの激痛に安静にすることも動き回ることも困難である
・片方の目の奥が痛む
・痛みはほぼ決まったタイミングでおきる
・痛みは15〜180分ほど持続する
・目の充血や鼻水、涙が出るなどの症状がある

 

他にも種類はありますが、よくみられる頭痛としては、以上のようなものがあります。片頭痛は安静にしたり冷やすこと、緊張型頭痛はお風呂やマッサージなどでこりをほぐすこと、群発頭痛は自己注射や点鼻薬、予防薬を飲むなどの対処法方があります。タイプがわからず、日常生活に支障をきたす頭痛があるようなら、一度受診することも検討しましょう。

 

(Photo by:足成

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

頭痛の記録をつけることが大事?頭痛の診断方法

  頭痛の診断方法を説明します。   ●基本は問診頭痛の診断の基本となっている...

だるさや頭痛は冷房病が原因かも?~夏に起きやすい自律神経失調症~

  冷房病はエアコンによる体が冷えた状態で暑い室外に出ることで、温度差に体がつ...


もしかしたらあなたの頭痛は貨幣状頭痛かも?

  頭に生じる症状で貨幣状のものというと、円形性脱毛症を連想してしまうかもしれま...

頭痛の4タイプ症状を細かく紹介!あなたの症状はどれに近い?

あなたは頭痛持ちですか?日本人はストレスが多いからか、オーバーワークが多いか...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る