カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食事法 >
  5. バーベキューでの食中毒を防ぐ必須グッズ3選

健康診断・健康管理

バーベキューでの食中毒を防ぐ必須グッズ3選

真夏のレジャーの1つがバーベキューですが、バーベキューはお肉を使うだけあって、食中毒の危険性もあります。

バーベキューでの食中毒を防ぐために使える、必須の3つのグッズを紹介します。

 

●包丁・ナイフケース

お肉を切るために、そのほかの食材を切るために、一応何かに使えそう、といった理由で包丁やナイフを持って行く方は多いでしょう。

包丁・ナイフを持って行くなら、ケースも絶対に持って行きましょう。

もともとケースがついているタイプの商品を買うのも良いですし、家にある牛乳パックを切ったものを巻きつけても良いです。

大事なことは、家で包丁やナイフとケースを一度洗って拭き、その上で除菌スプレーをかけてからケースに入れてくることです。

 

●肉を触るものは使い捨てで!

人間の手にも食中毒の原因はあるので、食材を人間の素手で触るのはおすすめしません。

手袋を使う場合も、使い捨てでないと生肉を触って菌がついたのに、野菜に菌を移してしまうなどの危険性があります。

スーパーなどでも広く販売されている使い捨てのグローブで、食材ごとに使い分けるのがよいでしょう。

 

●除菌スプレーは必須

手を洗った後、調理器具を洗った後、食器を洗った後、生肉の肉汁が机についたときなど、なんにでも使えるのが除菌スプレーです。

アルコールの入った除菌スプレーは、大きめのものを1つ持って行きましょう。汚れを取った後には除菌スプレー、を意識すると菌の増殖を防げます。

 

バーベキューに行くときには食材やトングなどの他に、ナイフケース、使い捨て手袋、除菌スプレーも忘れないようにしてください。

 

生肉に触れたトングは、食中毒の原因菌がついていますので、きれいに洗って消毒した後に、専用のビニール袋(使い捨てでOK)に入れて持ち帰るとよいでしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事法に関する記事

野菜に含まれる栄養を出来るだけ"損なわずに"摂取するための方法

普段から食生活は気をつけたいもの。いろんな野菜をバランスよく食べ、暑い夏や寒い...

手軽なスムージーが免疫力をアップさせてくれる!夏疲れしにくい体をスムージーでつくろう

  そこで、食欲がないけど栄養は取りたいという人にオススメしたいのがスムージー...


何から始めればいい?食生活の改善を行いたい人のための最初の1歩

食生活の改善を行い、痩せたい、体調をよくしたい、肌をきれいにしたい、といった...

傷みやすい夏のお弁当…お弁当の準備段階で気をつけておきたいポイント

家庭によっては毎日お弁当を作っている家庭もあると思います。 しかし気温が高くな...

カラダノートひろば

食事法の関連カテゴリ

食事法の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る