カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 海外旅行準備 >
  4. 楽しい旅行で下痢にならないための3か条

健康診断・健康管理

楽しい旅行で下痢にならないための3か条

長期の休みには旅行を楽しみたいけれど、旅行中に限って下痢になってしまう方もいるようです。

実はこれ、旅行者下痢と呼ばれるもので、海外旅行者の20%以上は旅行者下痢にかかった経験を持っています。

夏の旅行中に下痢にならないために覚えておきたい3か条を見ていきます。

 

●水道水は口に入れない

特に海外旅行の際に言えることですが、現地の水は歯磨きなどであっても口に入れないようにしてください。

歯磨きをする水は別途、コンビニなどで買ったミネラルウォーターを使うようにするのがお勧めです。もしくは、水を一度沸騰させたものでもOKです。

 

●屋台のものは禁止

海外なら必須、日本国内でも出来れば屋台のものは食べないようにしましょう。

屋台は必然的に普通の店内よりも衛生状態が悪い、夏場は気温が高いのでものが腐りやすいデメリットがあります。

 

●旅行中も出来るだけ睡眠時間を確保

下痢や便秘などの胃腸の異常は、自律神経系との関連性も指摘されています。

旅行中に、普段とは全く違う生活にすることがひどいストレスとなり、下痢や便秘につながる可能性もあります。

ストレスを解消するためには出来るだけ睡眠時間を確保することが重要ですので、夜はなるべく早くホテルに帰ってきた方がよいです。

 

夏場の旅行に限らず、旅行中に下痢にならないためには、以上の3か条を基本的に守りながら過ごすことをお勧めします。

特に海外の場合は、日本とは衛生観念が違うので、現地の方はまったく平気でも日本人だけが胃腸を壊す可能性もあります。

海外で飲み物を買った時は飲み口を消毒スプレーをかけておいた布で拭くなど、普段以上に胃腸の不調を引き起こす原因に気を配りましょう。

 

小さい子やお年寄りと行く場合は、下痢の症状が重症になりやすいので、生ものなどにも十分注意が必要です。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

海外旅行準備に関する記事

感染症から自分の身を守るのは自分

  日本人のカラダは無防備。日本で生まれ育った人は、幼い頃より衛生面に気を...

言葉の壁!海外渡航前に準備しておくものとは?

  「海外旅行にいきたい!でも持病もあるし、薬も持っていかなければならない...


【体験談】シンガポールへの海外旅行の失敗談!これは持っていった方が良いですよ!

  数年前にシンガポール・マレーシアへ旅行へ行った時の体験談です。日本とは...

海外旅行前に予防接種!意外に知られていないトラベラーズ・ワクチンの費用とは?

  海外旅行へ行く前に、是非とも知っておきたい御国事情。渡航先の国では感染...

カラダノートひろば

海外旅行準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る