カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 海外旅行準備 >
  4. 旅行中に下痢になったときの応急処置はどうする?どうなったら病院に行けばよい?

健康診断・健康管理

旅行中に下痢になったときの応急処置はどうする?どうなったら病院に行けばよい?

旅行中にもしも下痢になった場合、どのような応急処置をしておけば回復が早いのか、予後がよくなるのかをチェックしてみます。

旅行者下痢はけして珍しい病気ではないので、旅行に行く前に応急処置を学んでおきましょう。

 

●何はなくとも水分補給!

旅行中に下痢になったときに、その下痢の原因がなんであったとしても、とりあえずは水分補給を行わなければなりません。

下痢によって水分が体の外にどんどん流れ出していきますし、夏は気温が高く、汗で水分がもともと奪われやすいのです。

水に食塩、塩化カリウム、重曹、ブドウ糖などを混ぜた経口補水液が下痢の応急処置にはもっとも適切です。

日本の薬局では、経口補水液もしくは経口補液、海外の薬局ではOral Rehydration Solutionsもしくは略してORSで通じます。

 

●便の様子と体の様子で病院を考える

下痢だけで、経口補水液を飲みながら休んでいたら、徐々に体調が良くなってきている感じがあるなら、病院への受診は考えなくてもOKです。

逆に病院への受診をおすすめしたいのがこんなときです。

・血便、便に虫(寄生虫と思しき虫)がいる

・38度以上の高熱がある

・3日以上回復しない

・ひどい頭痛

・意識が遠くなるときがある

 

旅行中の下痢への対応の基本は、安静と経口補水液の摂取となります。

下痢を無理に止めようと、下痢止めを飲むのは逆効果になるケースもあります。まずは下痢止めは飲まずに様子を見てください。

血便や38度以上の高熱は、単なる下痢ではなく、感染症・食中毒などの可能性が高いので、病院での治療を受けましょう。

 

特に小さなお子さん、お年寄りが下痢と発熱、血便などで苦しんでいる場合、抵抗力が弱いことから早めに病院に連れて行った方がよいです。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

海外旅行準備に関する記事

困った!インスリンの紛失…海外旅行先でのインスリン現地調達方法とは?

  糖尿病患者の方でももちろん海外旅行を楽しまれる方はきっと多いことでしょ...

人気のタピオカデザート!でも海外旅行では注意が必要のワケ

  フィリピンでは『キャッサバ』摂取で29人の死亡例   2005年に...


海外旅行でアジア!感染症が大流行している?!チクングニア熱について

  近年、海外旅行先として人気のあるアジアですが、アジアには様々な感染症な...

時差ボケが原因で不眠症に!?不眠症を防ぐための方法

海外旅行に行くと、日本に帰ってきてから時差ボケに悩まされたりします。 時差ボケ...

カラダノートひろば

海外旅行準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る