カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. その他 >
  5. 高齢者の夏バテ予防で水分摂取以外に気をつけておきたいポイント

介護・認知症

高齢者の夏バテ予防で水分摂取以外に気をつけておきたいポイント

 

高齢者の夏バテと熱中症対策の基本は水分摂取ですが、水分摂取以外にも気をつける点はあります。

自宅で高齢者と一緒に住んでいる方などが、水分摂取以外にどのような点に注意して高齢者を看ていけばよいのかをチェックしてみましょう。

 

●タンパク質と野菜の積極的な摂取

夏になると夏バテで食欲が失われがち、というのは若者にも高齢者にもよくみられる傾向です。

そんな夏バテしやすい体を作っているのが食事で、食事に気をつけるだけでも夏バテは十分防げます。

ポイントとなるのはタンパク質と野菜をふんだんに使ったメニューを採用すること、中でもビタミンB1を含む肉類を使うと夏バテ予防となります。

量はそれほど食べられなくてもよいので、炭水化物・タンパク質・野菜の3つを摂取する生活を続けましょう。

 

●自然の風を通す工夫

部屋を涼しくするには冷房が最も手っ取り早いですが、冷房の風が苦手なお年寄り、冷房では冷たすぎると感じる方もいます。

冷房をかけるときは外気温との差が5℃以内になるように工夫し、できるだけ自然の風を通すようにした方が良いです。

南北・東西に窓を開けることによって、部屋の中を風が通りやすくなります。

 

●ストレス対策・睡眠不足対策

高齢者は暑さを感じにくいですが、それでも暑くて寝苦しいという訴えのある高齢者もいます。

寝苦しい場合には保冷剤を使う、タイマーで扇風機をかけるなどの工夫で、少しでも睡眠不足を解消していきましょう。

ストレス対策は自律神経系を乱さないために必要ですので、出来る範囲で好きな活動をやらせてあげたり、無理をしない程度での運動もおすすめです。

 

高齢者の夏バテ対策では室温管理も重要ですが、温度計などを設置した方が管理しやすいです。

 

高齢者は温度変化に気づきにくいので、温度計を見て室温管理するクセをつけましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

体を冷やさないように手際よく!清拭に必要な準備

  清拭は、体を冷やさないように手際よく行うことが大切です。そのため、事前...

覚えておきたい認知症に関する略語

  認知症、またはそれに関連する病気・症状などにはたくさんの専門用語がありますよ...


高齢者の夏バテの原因 環境編~エアコンの普及がストレスに?

高齢者の夏バテの主な原因は、高齢者の体がもともと弱っていることにありますが、...

寝たきりの高齢者がいる家庭必見!床ずれ予防に効果的な栄養素とは

  低栄養状態の高齢者は、床ずれ(褥瘡)のリスクが高まります。 床ずれを...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る