カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 紫外線対策 >
  4. 時期 >
  5. 出来るだけ紫外線を受けないためには?外出で外を歩く時のポイント★

美容・ダイエット

出来るだけ紫外線を受けないためには?外出で外を歩く時のポイント★

お出かけをすると、どんなに頑張っていても紫外線を受けてしまいます。日焼け止めも塗り、対策はバッチリ!それでも出来るだけ紫外線は受けたくないものです。こんな時、紫外線を極力受けないための街歩きポイントを挙げてみましょう。
 
 

◆外出の時間帯を考える

外出をする際、一番気温のたかい時間帯を避け早朝に出かけるか、夕方に出かけるようにしましょう。出来る限り太陽の光を直接浴びることがなく、気温も低い・涼しい時間帯であることが好ましいです。太陽がカンカンに照っている時間帯のお出かけだと、沢山の荷物を持ったまま、太陽に照らされ歩くだけで体力を消耗してしまいます。
 
外出する時間帯を考慮するだけで、体力の消耗率や、熱中症予防・紫外線対策に、効果が期待できます。
 

◆目的の場所を明白にしておく

行きたいお目当ての場所を明白にしておき、出来るだけ寄り道をすることなく目的地へ向かうようにしましょう。ついつい街の中でフラフラと歩いたり、いろんなお店に立ち寄ったりすると、ショッピングとしては有意義で楽しい時間ではありますが、それだけ紫外線を受ける時間帯も多い上に、余計なお買い物までしてしまい、費用の負担・荷物が多くなる等の問題点も浮き彫りになります。
 

◆出来る限り屋内・地下などを使って陽を避ける

駅の地下や、デパートとデパートをつなぐ連絡通路などを有効に使い、出来るだけ太陽にあたらないよう移動をしましょう。お店の中と外を、頻繁に行き来してしまうと、その温度さに体が対応できず、体調を崩してしまう心配も挙げられます。
 
紫外線対策だけでなく、移動する上での余計なエネルギー消費をさけ、夏バテ・冷房病の予防のためにも、連絡通路や地下通路はしっかりと利用してください。
 
 
紫外線対策に…と動く行動は、紫外線対策だけでなく、熱中症・冷房病・浪費を抑える・余計なエネルギー消費を避けるなど、沢山の利点があります。人間は太陽の光を浴びることで体が健康に保てるという事も事実ではありますが、お買い物中は、買い物に夢中になって、紫外線のことなど意識をしないものです。外出前に、しっかりと、ご自身の体を守る対策を考えておきましょう。
 
(Photo by //www.ashinari.com/)
 
 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

時期に関する記事

アウトドアをしっかり楽しむための紫外線対策方法★

友人や恋人などと、共通の趣味としてアウトドアをされている方はいませんか?アウト...

生理前の弱い肌の紫外線対策に!睡眠を十分にとって、食事にも気を付けてあげよう!

     生理前はいつもよりも日焼け対策をしっかりしなければならないのですが、ど...


雪焼け予防としての日焼け止めの塗り方

  ウィンタースポーツとしてスキーやスノーボードを冬の時期に楽しむ人もいると思...

夏はB波、冬はA波!~紫外線の種類

  夏と冬の紫外線はその性質が少し違います。それは単純に夏の方が紫外線の量が多...

カラダノートひろば

時期の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る