カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. その他 >
  5. 高齢者の夏バテの原因 環境編~エアコンの普及がストレスに?

介護・認知症

高齢者の夏バテの原因 環境編~エアコンの普及がストレスに?

高齢者の夏バテの主な原因は、高齢者の体がもともと弱っていることにありますが、環境も関係しています。

環境から高齢者の夏バテの原因を見てみます。

これらの環境は高齢者の生活特有というわけではなく、若者の生活にもあります。ただ、高齢者の場合は体力が弱いので影響を受けやすいと考えてください。

 

●エアコンの普及がストレスに?

今の高齢者が子供のころにはエアコンはほとんどなく、一般家庭にあるというよりはデパートなどの施設にある存在でした。

現在ではエアコンを設置している家庭も多いですが、このエアコンで冷やした部屋と外気温の差が5℃以上になると体がストレスを感じます。

また、敏感な方だとエアコンの風の冷たさにストレスを感じる場合もあります。

高齢者がいる場合はエアコンを出来るだけ弱めにして、自然の風を使って部屋を冷やした方がよいです。

 

●日傘などをあまり持たない

高齢になると荷物が多いのが嫌、という方も多く、日傘など、熱中症を防ぐものを持たないで出かける方もいます。

環境というよりは持ち物の範囲ですが、熱中症予防や夏バテ予防には重要な観点です。

軽めの日傘を買う帽子で対応する、外に出るときには水分補給できるようにペットボトルに経口補水液を入れて持たせるなど工夫してみてください。

 

高齢者が夏バテになってしまった時、改善策としてふさわしいのは食事や水分補給での改善です。

ストレスの場合は心理的なケアも必要ですが、そうでない場合は基本的に食事の内容の見直し、水分補給、部屋の環境を整えることで解決します。

エアコンでの室温設定は外気温と5℃以内にして、暑ければすだれなどをしたうえで窓を開けてみるのが良いでしょう。

食事では栄養バランス、特にビタミンとミネラルの摂取に気を配ります。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

高齢者の夏バテ予防の最重要項目!水分摂取の方法を覚えよう

暑い夏と寒い冬は高齢者にとっては、体調を崩しやすい季節となります。体調を崩さ...

寝たきりの高齢者がいる家庭必見!床ずれ予防に効果的な栄養素とは

  低栄養状態の高齢者は、床ずれ(褥瘡)のリスクが高まります。 床ずれを...


高齢者の夏バテ予防で水分摂取以外に気をつけておきたいポイント

  高齢者の夏バテと熱中症対策の基本は水分摂取ですが、水分摂取以外にも気を...

覚えておきたい認知症に関する略語

  認知症、またはそれに関連する病気・症状などにはたくさんの専門用語がありますよ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る