カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食事法 >
  5. 高齢者の夏バテを防ぐ食事の3つのポイント ビタミンB1・夏野菜・水分を積極的に摂取しよう

健康診断・健康管理

高齢者の夏バテを防ぐ食事の3つのポイント ビタミンB1・夏野菜・水分を積極的に摂取しよう

高齢者の夏バテを防ぐためには、栄養のある食事をバランスよく摂取することが必須です。

夏バテを防ぐ食事の3つのポイントを紹介します。

 

1.ビタミンB1を積極摂取!

夏バテに効くと言われている栄養素がビタミンB1で、疲労回復を助けてくれます。

夏バテを予防するにも使えますし、すでに夏バテになってしまっていても、ビタミンB1の疲労回復効果はしっかり働いてくれます。

1日あたりの推奨量は1.0mg程度で、ビタミンB1を多く含む食材には豚肉(ヒレ)や鮭などがあります。

 

2.夏野菜で栄養素を摂取

夏バテ予防の食事の2つ目のポイントは、夏野菜を積極的に摂取するということです。

夏野菜は夏が旬なだけあって、体を冷やしてくれる働きを持っているものが多いです。

また、水分が多い野菜もあるので食事での水分摂取にも役立ちますし、トマトなどはビタミンCの力で疲労回復を手助けしています。

トマト、キュウリなどを使ったサラダを少量でもよいので、摂取するようにしてください。

 

3.食事での水分補給

欧米の食事はどちらかといえば、食事に含まれる水分が少ないと言われていますが、和食にはもともと水分が多いです。

お味噌汁や煮物などで水分を摂取することで、水分不足を多少は防ぐことが出来ます。

ただ、味付けを濃くしてしまうと逆に喉が渇くことがあるので、味付けは薄目を意識してください。

 

高齢者の夏バテ予防にはビタミンB1の摂取、夏野菜の摂取、そして食事における水分補給が肝心です。

一度の食事の量が少なくなりがちな高齢者の場合でも、少しずつたくさんの食べ物を摂取するように心がけるとよいでしょう。

 

なお、水分補給は食事だけではなく、1日の中で7-8回に分けて、コップの水か経口補水液を飲む必要もあります。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事法に関する記事

そうめんばかりを食べるのは良くない!そうめんを体のエネルギーにするために●●を食べよう!

   夏はどうしてもそうめんなどの簡単なものを食べがちですが、それ自体は悪くな...

栄養ドリンクで元気になるのは思い込みだった?高い栄養ドリンクの方が効果があるって本当?

   栄養ドリンクを飲むと、本当に元気になって、仕事が頑張れる気がしてきます。「...


子どもの夜食をつくってあげよう!しっかりと考えてあげたい受験生の夜食、オススメは○○!

お腹が空いていては、勉強に集中することができません。夕飯を食べ終えたわが子が...

「元気になる」だけじゃない、様々な栄養ドリンクの種類…自分にあった栄養ドリンクの選び方

   コンビニなどで手軽に変える栄養ドリンクというのは、効果によって種類が分かれ...

カラダノートひろば

食事法の関連カテゴリ

食事法の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る