カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 食事・飲み物 >
  5. 注意点 >
  6. 妊婦さんの夏バテ予防!気をつけておきたい3つのこと

妊娠・出産

妊婦さんの夏バテ予防!気をつけておきたい3つのこと

妊婦さんは体温が上がりやすく、気温が上がる夏には夏バテになりやすいのも特徴です。

お腹の赤ちゃんと自身の健康のために、夏バテを予防するための環境づくりや水分補給についてみていきます。

 

●冷たいシャワーは厳禁!

暑くなると冷水でのシャワーをするのが昔から好き、という方もいるかもしれませんが、妊娠したら冷水シャワーはNGです。

冷たいシャワーを全身に浴びると、子宮が収縮してしまう恐れがあり、赤ちゃんの体によくありません。

水ではなくぬるま湯でのシャワーならOKですので、ぬるま湯シャワーかお風呂にしてください。

ぬるま湯でも、体はある程度冷えますし汗のべたべたもなくなるので、夏バテや夏の不快感対策になります。

 

●エアコンよりも自然の風を

夏バテ対策と言えば室温管理ですが、妊娠中であればエアコンはあまり使わない方がよいです。

エアコンを使うと部屋が密閉されることが多くなるので、出来ればエアコンよりも自然の風を入れた方が良いと言われています。

扇風機にプラスして、東西・南北の方向で窓を開け、太陽光が入らないようにすだれなどを掛けておきましょう。

ちなみにエアコンは冷え性の原因にもなるので、妊娠中の冷え性を防ぐ意味でも自然の風の方が適しています。

 

●水分摂取は糖分に注意

夏バテの基本的な解消法は、1日の中で適切に水分補給をしていくことです。妊婦さんの場合も、水分補給は必須です。

ただし注意したいのは、妊娠糖尿病などを引き起こしがちな甘い飲み物を避けることです。

経口補水液は問題ないのですが、炭酸飲料やフルーツジュースなどは飲みすぎると糖分過剰摂取になるので注意しましょう。

 

妊婦さんの夏バテ予防は、妊婦さんでない人の夏バテ予防と基本は同じで、室温に気をつける、水分摂取するなどの方法があります。

 

ただし、妊婦さんならではの注意点としてエアコンをあまり使わない、糖分への十分な注意が必要です。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

注意点に関する記事

夏に気をつけたい!妊婦さんはジュースや甘い炭酸飲料は控えめに!ほうじ茶、麦茶はOK

妊娠中は特に夏が暑く感じた、という経験を持っている方も多いはずです。妊婦は体...

妊娠・授乳期は香辛料(スパイス)を使わないほうがいい?産後にいいスパイスとは

「妊娠中はスパイスを控えるべき」と言われていますが、どのスパイスも使ってはい...

注意点の体験談

気を付けて!妊娠中に食べてはいけないもの一覧!!

妊娠中にはつわりでほとんどの食べ物を受け付けなくなる人もいれば、反対にとっても食欲が湧いてくる人も。...

妊娠中のうっかり食べ物!胎児に影響がある生肉・・トキソプラズマ

妊娠中は控えた方が良い食べものっていくつかあります。分かっていたのになぜかうっかり食べてしまった物も...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る