カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 運動 >
  5. 妊娠中でも大丈夫!夏バテ予防にウォーキング☆日傘、水は忘れずに!

妊娠・出産

妊娠中でも大丈夫!夏バテ予防にウォーキング☆日傘、水は忘れずに!

 

夏バテの原因のひとつが自律神経で、暑さやストレスで自律神経が乱れて夏バテを起こすことがあります。妊婦さんの夏バテを予防するための方法のひとつとして、自律神経系を整える運動による予防をお勧めします。

 

30分くらいのウォーキング

安定期に入っていて、医師からも多少の運動はOKという許可が出ているなら、ウォーキングを行うことをお勧めします。ウォーキングは呼吸が浅くならないので副交感神経を刺激しやすく、リラックスしたいときに向いている運動です。

 

負担が軽いので妊婦さんでも続けやすい、夏バテ予防と出産のための持久力アップに役立つといったメリットがあります。20-30分、近所を歩くクセをつけて、日々の運動習慣としましょう。

 

日傘、水は忘れずに!

夏バテ予防のためのウォーキングに出かけて夏バテしてしまっては意味がないので、日傘と水は忘れないようにしましょう。

日傘を持つのが面倒なら、つばの広いタイプの帽子でも構わないので、とにかく陽ざしを頭で受けないように工夫してください。

水は少し多めに持って行って、喉が渇いてきたら、少しだけ飲むようにしましょう。一度に大量に飲んでも、脱水予防効果はそれほど変わりありません。

 

妊娠していない方と比べると、妊婦さんは激しい運動や腹部に圧がかかるタイプの運動ができないといったデメリットがあります。

無酸素運動(筋トレ)も、酸素の行き渡りを考えると妊婦さんには向いていません。ですが運動は自律神経系を整えてくれるので、運動自体は取り入れた方がよいです。

 

妊婦さんに最もおすすめのウォーキングは朝一番や夕方など、少し涼しい時間帯に行うと、汗による不快感も少なく、毎日の習慣にしやすくなります。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●食べなくても増える!?妊娠後期の体重管理

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動に関する記事

水中のエクササイズで安産を導こう☆

  妊娠中でも水着を着てプールに入って運動している妊婦さんが増えています...

足腰の負担軽減、マタニティビクス

足腰の負担軽減、マタニティビクス マタニティビクスは、   ・妊娠中の体重増...

運動の体験談

お散歩に持っていく大事な持ちモノ☆おみくじ結果も

安定期に入ってからは、旦那さんの仕事休みにいろんな場所へでかけました! 子供が産まれたら2人き...

妊娠中の運動は何がおすすめ?

妊娠中でも、適度に運動して 体力作りをするのがオススメされています。 しかし、意外と妊娠中の...

カラダノートひろば

運動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る