カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ヘアケア >
  4. >
  5. 女性の間で急増加!夏の老け髪対策とは?!夏のヘアカラーには要注意!

美容・ダイエット

女性の間で急増加!夏の老け髪対策とは?!夏のヘアカラーには要注意!

女性にとって髪はとても大切なパーツの1つです。しかし近年注目を浴びつつある、女性の【老け髪】!夏の老け髪の原因は、お手入れ不足だけでなく、夏の紫外線にも!老け髪にならないような対策とは、どんな方法でしょうか??
 
 

◆そもそも老け髪って何??

“老け髪”とは、紫外線を沢山浴びた髪がパサつき・枝毛・切れ毛・脱色などを引き起こし、見た目以上(実年齢以上)に老けた印象を与えてしまう髪のことを言います。実際には10代・20代と年齢が若い女性なのに対し、髪の毛だけをみると、とても痛んでチリチリとした状態に、「しっかりケアが出来ていない」「老けて見える」という印象を生み出してしまいます。
 
紫外線だけが原因ではありませんが、頭皮の発汗や、髪を染めることでより紫外線を溜め込み易くなってしまう髪質などにも原因があり、トータル的に「老けた髪」だと思われてしまいます。
 

◆対策とは?

老け髪を予防するためには、紫外線を浴びないことが一番です。紫外線を浴びてしまうと、髪質が落ちてしまい、全体的に潤い・艶がなくなってしまいます。毎日しっかりとトリートメントをし、お風呂から上がった後はちゃんと乾かして眠ることを徹底しましょう。
 
髪が紫外線を直接受けないように、帽子や、髪をまとめるなどして紫外線予防も考えましょう。
 

◆夏場のヘアカラーには要注意!

ヘアカラーをすると、髪の中の成分が紫外線を吸収しやすくなってしまいます。よって、髪が脱色したり、紫外線の影響を受け、切れ毛・枝毛になりやすくなってしまいます。ヘアカラーをした後は数日、紫外線を浴びることがないようにしっかりと予防をしましょう。
 
一度脱色してしまうと、元には戻りません。髪のケアを十分に行い、キューティクルを正常に整えて、出来るだけ室内で過ごすようにして、ヘアカラー後の髪が安定するまで待ちましょう。
 
髪の毛は、なかなか紫外線予防の意識が働きにくい場所ではありますが、女性にとっては印象を大きくかえる大切なパーツです。ボサボサ・ぱさぱさな髪質だと、どうしても見た目が老けて見えてしまいますし、手入れが不行き届きだと思われてしまいます。
 
最近ではUVカット成分が含まれているトリートメントなども販売しているようです。意識して髪の紫外線対策を取り入れることが老け髪の予防策となります。
 
 

(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

髪に関する記事

紫外線や濡れた髪が原因?髪にダメージを与える生活とは

  ■知らなかった!髪のダメージのあれこれ   髪は爪と同じように...

切った髪を寄付できるって知ってた?あなたが切った髪が、髪に悩んでいる子の救いになれる!

2015年12月、女優であり歌手でもある柴咲コウさんが髪をバッサリと切ったの...


紫外線で髪がこわれ、頭皮が痛み「夏老け髪」に…髪や頭皮の有効な紫外線防止策は!?

  頭の真上からくる日差しは、いかにも夏といった感じがしますが、同時に紫外線が...

秋になって「老けた?」と言われないために…夏は特別な髪の紫外線ケアが必要なんです!

  「紫外線対策していますか?」と聞くと、「はい、日焼け止めを塗っています」と...

カラダノートひろば

髪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る