カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ヘアケア >
  4. >
  5. なぜこんな事に?!夏に襲ってくる老け髪…3つの原因を解説します

美容・ダイエット

なぜこんな事に?!夏に襲ってくる老け髪…3つの原因を解説します

女性は肌や爪、スタイルなど様々な部分で、自分磨きをします。夏場は特に、力をいれ、美意識を高く保つ女性が多いですが、そんな女性たちを襲う“夏の老け髪”!一体、何が原因で老け髪になってしまうのでしょうか?
 
 

◆髪へのケア不足!!

毎日慌ただしい中で、髪へのケアを怠っていませんか?例えば、シャンプーにしても、しっかり落としきれていない場合や、洗いきれていない場合などは髪に汚れがたまってしまい、髪・頭皮を弱らせてしまいます。さらに、お風呂を上がったあとに、髪を乾かさない・流さないタイプのトリートメントを使用しない・とにかく一切ケアをしない…など、髪へ負荷ばかりかけてしまっていると、髪質はどんどん悪くなり、抜け毛・切れ毛・薄毛になってしまいます。
 

◆紫外線をガンガンに浴びすぎている!

髪の毛も紫外線を浴びてしまうと影響が出ます。脱色してしまうことはもちろんですが、髪の毛そのものの質が落ち、不健康になってしまい、最終的にはゴワゴワ・パサパサな、見た目からして手入れ不足な髪の毛へと変化していきます。紫外線は髪の毛だけでなく頭皮へも悪い影響をあたえ、薄毛・抜け毛の原因にもなります。
 

◆意外な原因!“爪”は長くないですか?

髪の毛に意識を集中させてしまうと、なかなか考えつかない原因に“爪”があります。髪を洗うとき・乾かすとき・束ねるとき・無意識に掻いてしまう時…爪が長いと、頭皮を直接傷つけてしまいます。傷がついた頭皮には、紫外線を受け、炎症を起こしたり、シャンプーなどの洗い残しが溜まってしまったりと、良くない環境が出来てしまいます。爪は女性の清潔さを表すパーツでもあるので、綺麗にカットし、髪を洗う時には爪をたてないように優しく洗いましょう。
 
 
しっかりとケアできているつもりでも、整髪料やシャンプーなどの洗い残しがあったり、爪などでの傷、ヘアカラーや脱色を繰り返した髪の毛、全てのものが原因となり、老け髪へと変化していきます。夏特有の刺すような紫外線も原因の1つです。夏にはとくに、ケアを怠ってしまいがちですが、夏こそ、きっちりとケアをし、潤いのある髪質をキープさせることでいつまでも若々しい印象を与えることができます。
 
(Photo by //www.ashinari.com/)
 
 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

髪に関する記事

紫外線や濡れた髪が原因?髪にダメージを与える生活とは

  ■知らなかった!髪のダメージのあれこれ   髪は爪と同じように...

切った髪を寄付できるって知ってた?あなたが切った髪が、髪に悩んでいる子の救いになれる!

2015年12月、女優であり歌手でもある柴咲コウさんが髪をバッサリと切ったの...


紫外線で髪がこわれ、頭皮が痛み「夏老け髪」に…髪や頭皮の有効な紫外線防止策は!?

  頭の真上からくる日差しは、いかにも夏といった感じがしますが、同時に紫外線が...

秋になって「老けた?」と言われないために…夏は特別な髪の紫外線ケアが必要なんです!

  「紫外線対策していますか?」と聞くと、「はい、日焼け止めを塗っています」と...

カラダノートひろば

髪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る