カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 糖質制限 >
  5. 夏の疲れた体が欲する甘い誘惑!食事には気をつけて!糖化になってしまう危険もあります

健康診断・健康管理

夏の疲れた体が欲する甘い誘惑!食事には気をつけて!糖化になってしまう危険もあります

夏はいろんなイベントで忙しく、疲労やストレスが溜まった体をいたわるために、ついつい甘い物を食べてしまいがち…。しかし、そんな甘い物は、美容によって“糖化”という症状を引き起こし、肌のくすみや肌トラブルを引き起こしてしまいます。糖化について具体的に知っていきましょう。
 
 

◆糖化とは?

糖化とは、糖分を沢山摂取することで体の中のあちこちにあるタンパク質と、が結びつき、タンパク質が劣化してしまいます。この劣化したタンパク質を“AGEs”(エージーイー)と言います。このAGEsが体内に蓄積されていくと、様々な病気・症状を引き起こし、体を蝕んでいきます。命に関わる程の大きな病気に繋がるケースもあるので、“糖化”とはとても恐ろしい症状なのです。
 

◆糖化を防ぐためには?

そもそも、ここで挙げられる“糖分”とは、お菓子などの糖分ももちろんですが、ご飯・パン・パスタなどの炭水化物に含まれている糖も、“糖分”に含まれます。これらの糖質は、体の健康を保つためのエネルギー源となるので、一切摂取しない!という事は難しいことです。
しかし、大切なことは、過剰摂取をしないことです。過剰に糖質を摂りすぎてしまうと、それだけ体内のタンパク質とくっつき糖化してしまうので、沢山の劣化したタンパク質が出来てしまいます。
 

◆AGEsが多い食事が存在します!

AGEsは私たちの体の中で、糖化して作り上げられるものだという事が解りましたが、実は、AGEsが沢山含まれている食材というものが存在します。それが【ベーコン・フランクフルト・牛肉・焼き鮭・マヨネーズ】です。
更に、食材の調理方法でも、AGEsの量が大きく変化します。例えば肉や魚、野菜等を“煮る”調理方法では、AGEsが少なめですが“揚げる”調理方法ではAGEsが多くなります。
 
夏には、特に体が疲れ易く、糖分を欲してしまいます。甘い物はもちろんのこと、夏バテしないようにと、積極的に食事を摂る姿勢であったり、夜遅くまでビアガーデンや飲み会・打ち上げ等で食事をする機会も多いため、体内に糖質が溜まってしまいます。
しかし、夏こそ、しっかりと体調管理をし、余計な糖分を摂取しないように注意しなければなりません。
 

(Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

糖質制限に関する記事

腎臓に優しい低たんぱく食摂取

      最近、身体に良いとされるタンパク質も取り過ぎが健康に良くないと...

今すぐ□チェック!炭水化物大好き?食後に眠くなる?あなたは糖質中毒かもしれない…

依存症や中毒になるものには色々とあります。 依存症というとドラッグかもしれませ...


コレステロールを下げる方法、何が一番効果的?

LDLコレステロールを下げる食品や習慣など、たくさんありすぎてどれが効果的か?悩...

今日も自分のデスクでお昼ごはん…その食べ方、糖質があなたの体をダメにするかも

働いている方は、お昼はどんなふうにとっていますか? 何を食べるかというよりも、...

カラダノートひろば

糖質制限の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る