カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 接し方 >
  5. 家族への接し方 >
  6. 人の心の構造は意識・前意識・無意識?!フロイトがとらえた心とは?

メンタル

人の心の構造は意識・前意識・無意識?!フロイトがとらえた心とは?

  

現代社会において、鬱病などの心の病気が問題となっています。心の問題を研究した有名な人がフロイトであり、現在の大学の教科書でも基本の心の構造の考え方として掲載されています。今回は、フロイトが心をどのようにとらえたかについて紹介します。

 

フロイトの紹介

フロイト(ジグムント・フロイト)は1856-1939年に生きていた人であり、オーストリアのウィーンで開業しながら神経症の診断と研究を続け、治療技法と人格理論の体系である、精神分析を初めて創った人です。フロイトの主張の中でも「人の意識的な意志には、それ以前まで考えられていたように強い統率力があるわけではない。無意識の力に翻弄されている。」という事は当時の人に大きな影響を与えています。

 

フロイトの心の構造の主張

フロイトは、人の心の構造は意識・前意識・無意識という3つに区分する(局所理論ともいう)とともに、エス・自我・超自我といった3つの心の組織があると言っています。

前意識とは、意識が向けられていない時には意識に上がってきませんが、意識を向ければ意識できる存在です。

無意識とは、意識しようとしてもなかなか意識できない深層心理のことです。

エスとは、欲動的(本能的衝動のこと)で無意識的なもののことを言います。

自我は現実に合わせてエスにあたる本能的衝動を抑えたり、調整したりするものです。

超自我は、自我の監視を行う機能をもち、無意識的なものとなります。これらの構造が複雑にからみ心ができあがっているとされています。

例えば趣味をして楽しかった!でもなぜかもやもやする、といった状態では意識できる部分では満足しているのですが、昔趣味を楽しんでいて怒られた経験があれば、超自我が無意識的にその記憶を思い出させないようにしていても、罪悪感が無意識に起こっているといった状態になります。

 

 

心の構造は、このように出来ているといわれています。自分がなぜか感じている罪悪感は、自分が起こしたことが原因ではない場合もあることが、上記の趣味に関する例からわかっていただけると思います。鬱病や鬱病まではいかなくてもうつ症状がある人は、このような仕組みがあるということを知って、この罪悪感はもしかしたら自分が起こしたものではないのかもしれないと、考えてみるのも大切なもしれません。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/

著者: いおさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

家族への接し方に関する記事

家族や友人が適応障害と診断されたら

  ストレスは、感じる原因や感じ方が、人によって様々です。 また、ストレ...

自傷行為者と家族とのかかわり

100%ではないですが、自傷行為を行う人の家族には、何らかの問題があると言われ...


あなたの言動次第で大切な人をうつ病から救えるかも?うつ病の方への接し方

うつ病の原因はさまざまですが、現代社会では誰がなってもおかしくない病気だと言...

鬱病は周りの協力がとても大切!鬱病の方やその家族への対応

鬱病は酷い場合、入院も必要となる病気であす。また、誰でもかかる可能性がありま...

カラダノートひろば

家族への接し方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る